インド:デリー】インドらしさを実感

junjunです。

1日目。
2012年11月20日。

デリー空港に着いたのは18時過ぎ。
日本時間の21時過ぎでした。

まずはホテルに着くまで、結構大変でした。

何で行こうかと悩んでいたのですが、
到着フロアにタクシーカウンターもあったことだし、プリペイドタクシーを利用しました。

カウンターで前払いし、言われたタクシー乗り場まで来ると、
ドライバー達が「レシートを見せろ!見せろ!」とすごい勢いで寄ってきます。
初めてインドを感じました。

タクシーに乗り込み、チェックゲートを過ぎ、いざ出発!だったのですが
ドライバーにホテル名を言うと「???」、アドレスを言うと「?????」。

何かが変・・・。
ドライバーが少しパニック状態。

ドライバーが突然車を止め、旦那さんに「一緒にチェックゲートへ説明しに来い」と。

わたしは1人で車に残されたのですが「新手の犯罪かしら・・・」と、
いつでも逃げ出せるようにドアを開けたまま待っていました。
もしかしたら、犯罪集団がいきなり車に乗り込んでくるかも、とそんなことまで考えていました。

通り過ぎるインド人にジロジロ見られて、結構怖かったです・・・。
少し緊張・・・。
またしてもインドを実感。

2人が戻ってくる姿を見た時はひと安心。

「俺はそのエリアには行けないから、違うタクシーで行ってくれ」とのこと。
最初の乗り場に戻ることに。

他のドライバーも交え、よくよく聞いたところ、
レシートの行き先と、ホテルがあるエリアが違っていたようです。
どうやらエリア毎にドライバーが決まっているようです。

もともと最初のホテルは予約していたので、
iphoneを使いアドレス画面を見せていたのですが、カウンターの人が間違っていたようでした。
チェックを怠ったこちらも悪いのですが。

その後、無事に払い直し、夜のラッシュを抜け、記念すべき最初のホテルへ到着しました。
雑多な街の中にあって、ドアの前に野犬がいて、早々にビビってしまいました。

しかし、部屋は清潔感もあり、Wi-Fiもありで、なかなか良かったです。

▼こんな感じ:毛布が面白い!ウネウネしています!使わなかったけどw

▼バス・トイレ:タオル/石鹸/トイレットペーパー付。インド式のトイレ用桶も。

快適だった空の旅から、無事にチェックインするまで、大きなギャップを伴いながらの疲労感。
大量の排気ガスと大音量のクラクションに驚きつつ、個室にいる有難さを覚えました。
この先、この国でやっていけるのか不安になりながら、1日目は早々に眠りにつきました。

▼機内から見えたヒマラヤ山脈

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*