インド:プシュカル】ヒンズー教の聖地へ

junjunです。
ネット環境が復活したので3日目についてUPします。

3日目。
2012年11月22日。

インドに来て、初めて朝食を摂りました。
前日にきちんと希望時間を伝えていたのに、すっかり忘れられていた様子。
結局、急いで口に放り込む感じになってしまい満足に味わえず・・・泣

▼こんな感じでした

 
*****************

この日は、ラージャスターン州のプシュカルへ。
早朝7:30にデリーを出発し、到着したのは15:30。
なんと車で約8時間もかかりました!

 
前日、ジイヤから「寝ないで話し相手になってくれよー!」と言われていたわたし達。
何か(寺、建物、山、動植物など)あれば、ジイヤが突然ガイドを始めます。
「きちんと応対しなければ…」という変な責任感がわたし達に芽生え、
睡魔と闘いながら必死で起きているフリをするドライブでした。

▼高速道路の料金所

▼野良牛やラクダも歩いています

▼猿も道路を占拠

▼ジャパニーズゾーン(デリー郊外。日本企業が多いエリアだそう)

▼途中で立ち寄ったツーリスト向けのドライブイン

▼お土産屋さん

*****************

今回訪れた時はちょうど年に1度の「ラクダ市」の開催中でした!
ラクダ市とは、その名の通りラクダや馬などの家畜の競りをすること。
また、祝祭や巡礼(プシュカルはヒンズー教の重要な巡礼地)が重なっています。

この数日間のためにインド全土から数十万人の人間と数万頭の家畜が集まるそうです。

観光客も多かったですが、大半が欧米人で、
わたし達以外のアジア人は2日間で10人も見かけませんでした。

地元のインド人からすると、ツーリストはとても珍しいらしく、わたし達はたくさん写真を撮られました。
彼らは撮った写真を家族や友人に自慢するそうです。
ネパール人だ!タイ人だ!韓国人だ!中国人だ!と歩くたびに何度も言われました。
もちろん日本人だ!って言ってくる人もいましたがね。

▼夕暮れ時のプシュカル湖

▼気球が飛んでいました

▼街は昼も夜も異様なテンション!お祭り騒ぎ!

 
▼移動式の遊園地(観覧車のスピードはありえないぐらい速い!)
 
 

▼スタジアムでも毎日たくさんのイベントが開催中

*****************

この期間は観光客も多いため普通のホテルも値段が10倍になるみたいです。
怪しい旅行代理店が手配したので、念のためリサーチしたところ、
我々が泊まったホテルも通常より高かったようです。

▼外観(欧米人もたくさん宿泊していたので安心)

▼お部屋(Wi-Fiもありました!)

▼バス・トイレ(一定量のお湯を出すと水シャワーへ)

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*