ネパール:ポカラ】我、雪山から帰還せり

どもども。ご無沙汰しております!!

しばし、山に引き籠っておりましたが、
予定を少し早めに切り上げ、昨日、ポカラの街まで降りて来ました!!

ネットや携帯電話から10日離れるなんて、
きっと、ネットをし始めて、携帯電話を持ち始めて以来です

選挙の結果や反応を見ながら、色々思うところもあるのですが、
こちらからは、素敵なヒマラヤの風景をお届けします〜!!!

目指した先は、アンナプルナベースキャンプ!!標高4130m!!
▼これは、街中で見た、真冬のベースキャンプの写真です
IMGP6548.JPG

▼ポカラのバス停に到着した際に見えたアンナプルナ連峰の山々
IMGP6515.JPG

▼ポカラの湖沿いから見えた山々。この奥に見える山脈の裏側にベースキャンプがある
IMGP6533.JPG

「今の時期は、天気もすごいいいですよ」と言われていたので、
嫁はトレッキングシューズ、自分は普通のスニーカーでトレッキングに挑みました

「これで大丈夫ですか?」と聞いた時、少し間があったのちに、
「大丈夫ですよ、大丈夫」と言われたのが気になってたんですけどね

天気はいいっていうんで、もちろんずーっと晴れてるもんだと思ってました

遠くに見える、アンナプルナ連峰にテンション上がりつつ、元気にスタート

IMGP6563.JPG

IMGP6564.JPG

IMGP0658.JPG

道中は、森や川、段々畑やアンナプルナ連峰の山々を眺めながらのトレッキング
IMGP0661.JPG

IMGP6572.JPG

IMGP6604.JPG

IMGP6640.JPG

道には水牛やロバ、羊もたくさんいます
IMGP0756.JPG

IMGP6630.JPG

IMGP0819.JPG

所々に急なアップダウンがあり、
3日目くらいから、筋肉痛で足がパンパンになりました
IMGP0796.JPG

IMGP6806.JPG

「なんで、高いところ、目指してるのに、下るんだよ。。。」と言うのが正直な感想。笑
逆に、「なんで下ってるのに、また登るんだよ。」という状況が最後まで続きます

ま、トレッキングですからね。

「天気もすごくいい」とは言ったものの、変わりやすい山の天気

プーンヒルという展望台にて日の出を拝もうと向かった際、
アンナプルナ連峰は深い雲の中でした
IMGP6675.JPG

日の出の時間が過ぎ、寒さと曇りの天気に失望する観光客を横目に、
誰かのガイドの「カモンマイフレンド!」の声!

雲の切れ間から、アンナプルナ連峰の山が見えて来て、少し疲れが飛びました

IMGP6681.JPG

IMGP6694.JPG

IMGP6691.JPG

IMGP6701.JPG

▼こっちは同じ日のお昼手前に別の丘で。完全に雲が晴れ絶景
IMGP6712.JPG

IMGP6716.JPG

そんなこんな身体的にはきつくとも、平和なトレッキングを続けてましたが、
事件が起きたのは7日目の朝!

寝る時、寒いなとは思ってたのですが、朝起きると雪がチラつきだした!!
IMGP6839.JPG

IMGP6837.JPG

と思ったら、ものの30分もしないうちに真っ白に!!
IMGP6842.JPG

IMGP6841.JPG

ぬぉっっっっ

既にこの時点で、これまでのトレッキングの結果、筋肉痛もパンパン、満身創痍

既に雪が降り始める前に、日本人の人が一人出発していったけど、
アンナプルナベースキャンプを目前に、断念か…と思ったら、

ガイドの「ジャムジャム!(Let’s go!!)」の声

まじか

雪山を登って行くことになりました
IMGP6848.JPG

一歩一歩、時折、寒さにくじけそうになりながらも、
IMGP6873.JPG

雲の切れ間から覗く青空に勇気づけられ、
IMGP6870.JPG

そして、遂に2012年12月12日!!
アンナプルナベースキャンプに到着!!
IMGP6878.JPG

IMGP6879.JPG

到着して暫くすると、
ここぞとばかりに雲が切れ、アンナプルナ連邦の山々がお目見えしてきました
IMGP6888.JPG

IMGP6911.JPG

IMGP0773.JPG

IMGP6907.JPG

やったー!!
なんか、うまく写真じゃ伝えられないんですけどね、
めっちゃめちゃ、良かったです

四方八方を山に囲まれた、アンナプルナベースキャンプ
IMGP6896.JPG

凍えるほどの寒さでしたが、
達成感と無事到達できた安堵感でいっぱいでした
IMGP0782.JPG

翌朝は、更に雪が積もる中、下山を開始
IMGP6921.JPG

IMGP6934.JPG

アイゼン使ってる人も見かける中、
さすがに、スニーカーはダメだと思うんですよね

何度尻餅をついたことか。。。^^;

▼普通のスニーカーというか、横がメッシュなので通気性、透水性抜群!
(朝起きたら、一部が凍ってました…)
IMGP6936.JPG

下山開始し、2日目には、ホットスプリングもあり、ホッと一息
IMGP0865.JPG

ちゃんとした着替え場所とかないので、速攻で体は冷えますが

日を重ねるごとに、徐々に遠ざかる、アンナプルナ連峰は、
青空の元、太陽の光をたくさん浴びて綺麗でした
IMGP0902.JPG

IMGP0947.JPG

そんなこんな、降りるにつれて気候も良くなってきて、
元気に下山してまいりました

トレッキング期間中、
嫁は、食欲旺盛、元気に日々を過ごす一方で、
自分は、発熱、嘔吐、プチ高山病、食欲不振・・・とヘタレ満載でした
(実際のところ、発熱とプチ高山病はちょっと焦りました。。。)

そこら辺は追って、世界一周旅行記で書こうと思いますが、
何はともあれ、無事戻ってきましたよ!っと

あの雪の様子だと、一日でも遅かったらベースキャンプまで、
到達できなかった気もするし、運が良かった!

道中、国内外の旅行客に色々な情報を教えてもらったり、
湿布を頂いたりとお世話になりました!

ヒマラヤの山々は最高でした!!

以上!

<期間>
14日間(山小屋生活は9泊10日)

<日程>
1日目:カトマンズ→(バス)→ポカラ
2日目:ポカラ→(タクシー)→ナヤプル→ヒレ
3日目:ヒレ→ゴレパニ
4日目:ゴレパニ→タダパニ
5日目:タダパニ→チョムルン
6日目:チョムルン→ヒマラヤ
7日目:ヒマラヤ→アンナプルナベースキャンプ(A.B.C)
8日目:アンナプルナベースキャンプ(A.B.C)→バンブー
9日目:バンブー→ジヌー
10日目:ジヌー→トルカ
11日目:トルカ→ダンプス→フェディ→(タクシー)→ポカラ
12日目:ポカラ泊(←今ココです)
13日目:ポカラ泊
14日目:ポカラ→(バス)→カトマンズ

<こんな山小屋に宿泊しました>
IMGP6889.JPG

IMGP6743.JPG

<山の中での食事はこんな感じ>
IMGP6633.JPG

IMGP6818.JPG

IMGP6674.JPG

<山小屋からの風景は贅沢>
IMGP0730.JPG

IMGP0752.JPG

IMGP0942.JPG

6 Comments

  1. 旅ってますねぇ、周ってますねぇ。いいですねぇ。ヒマラヤ、いいなー。

    山小屋のご飯もおいしそうですねぇ。

    • Takamatsuさん

      コメントありがとうございます!
      まだまだ中途半端な部分も多いですが、残りも周ってきます!

      ヒマラヤの景色は最高ですが、日々自分との闘いでしたw
      膝が大笑いでした・・・^^

      ご飯は美味しいところが多かったのですが、最高にまずい山小屋もありました!

    • Takatamatsuさん、
      ありがとうございます!!
      ヒマラヤ、寒かったし、登り下りきつかったですが、良かったです〜!
      山小屋の食事、写真は美味しそうなやつをチョイスしてます。笑。
      スープがほとんどお湯だったりしたこともありましたが、今ではいい思い出です。

  2. いきなりレベル高いトレッキングに挑んだね!!俺も歩きたいと思っているトレイルだよ。これだけ標高高いと、高山病もでるよね。でも、最高の経験だね!!

    • MAGEさん

      コメントありがとうございます。

      無事に目的地まで辿り着けて良かったです!
      色々経験できたトレッキングでした!

      そして頂いたシャツが大活躍!
      どうもありがとうございました!

    • まげ、
      いや〜、高山病になりかけたけど、最高でした!
      そして、シャワーを浴びれない日が続いた中で、頂いたプレゼントも大活躍!!笑
      いずれはエベレストに!!

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*