ボリビア:ウユニ】世界で一番行きたかった場所~観光+トリック写真編

「夕陽」「星空+朝陽」と一通り楽しんだウユニ3泊4日滞在の最終日。

レフレクト(水があって反射する場所)以外を見に行こうと、
車をチャーターしにツアー会社HODAKAに行きました。

「『塩のホテル』とか『魚の島』を見たいんですけど…」

すると、
「魚の島は、今の時期水が多くて近づけないから無理だよ」
との返答。

まじですか。

すかさず、嫁の「じゃぁミイラは?」の一声で、
「ミイラ」⇒「塩のホテル」⇒「トリック写真」のコースに決定。

NATAKAのメンバー+宿で出逢った2人の日本人と共に11時に出発しました。

「地球の歩き方」に小さく載っているものの、
殆どのメンバーは「ミイラ」なんてノーマーク。

たぶん嫁以外は、誰も期待してなかったんですけどね…

「ここだ」と降りたその先にはぽつんと洞窟があって、
IMGP2903.JPG

入ってみると、そこには保存状態のいいミイラがいました。
IMGP0258.JPG

IMGP0259.JPG

全く管理されておらず「大丈夫か」と心配になるものの、
予想外にちゃんとしたものが見れて、メンバーもすげーと興奮気味。

皆が満足してくれて、嫁も満足そうでした。

魚の島には行けなかったけど、
ミイラの洞窟があった丘を登るとウユニ塩湖が一望できるし、
IMGP2909.JPG

IMGP2908.JPG

サボテンもあったりして、
IMGP0266.JPG

なかなかいい場所でした!

そして、引き続き、塩のホテルへ移動。

ホテル前に各国の旗が立ってるのですが、
IMGP0296.JPG

日本の国旗を探して、みんなで記念撮影。
625_3487.JPG

ちなみに「塩のホテル」というだけあって、
基本的には壁も机も椅子も全て塩で造られてます
IMGP2928.JPG

もちろんベッドも。
IMGP0287.JPG

スゴイです。

スゴイけど、個人的には、一度見ればいいかな。

最初一泊位ここでしようかとか考えて、結局やめたんですけど、
ウユニの街から好きな時間に車チャーターして塩湖まで来れるし、
塩のホテルの周りは水はってないし、なんだかそれで十分な気がします。

その後、水が引いているところまで車で移動しての写真撮影
DSC_0224.JPG

まるで雪のように真っ白で、かつ、平坦で、遠近感がよく分からないから、、
ウユニでは、トリック写真を撮ろうとする人がたくさんいるんです。

そこで自分達も挑戦してみました。

パンデイロの上で弾かれてみたり、
625_3615.JPG

バチの上にのかったり、
625_3620.jpg

ドライヤーで吹かれてみたり、
625_3628.jpg

ザクと闘ったり、
DSC02536.JPG

脱糞してみたり、
625_3717.JPG

最後は、プリングルスを使った動画も撮りました。

カメラマン(=運転手≒ガイド)の腕が重要なので、
写真を重視するなら、運転手を選んだ方がいいです。

トリック写真って結構時間がかかるもので、
あっという間に戻る時間になりました。

9時にツアー会社行って、11時頃出発して、18時頃街に戻り、
20時の夜行バスでラパスへ!

最後まで、満喫したウユニ滞在でした。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*