ボリビア:ウユニ】世界で一番行きたかった場所(まとめ)

出発前によく聞かれた質問。
「世界でどこに一番行ってみたいの?」

毎度それに答えてきたのが、
UNIQLOのCMで使われたことでも有名な「ウユニ」でした。


ウユニ塩湖のある場所と行き方


ボリビアの実質上の首都圏ラパスからバスに乗ること12時間。
やっとウユニの街に到着することができます。
ちなみに高度は約3700mで、富士山の頂上と同じような標高です。

uyuni_map

ラパスから飛行機も飛んでいましたが、
旅人の多くはラパスまでたどり着いたら、
ラパスのバスターミナルから夜行バスでウユニの街に来ていました。

また、ウユニ塩湖は街から車で一時間の場所に位置するため、
街でランドクルーザーをチャーターして観光することになります。


ウユニ塩湖のベストシーズン


ウユニ塩湖には、雨季と乾季があります。

雨季は、鏡張りのウユニ塩湖が見れて、12月-3月
乾季は、真っ白に広がるウユニ塩湖が見れて、6月-10月 
と大体言われています。

(追記:2013年について言えば、
4月でも、5月でも鏡張りが見えたと他の旅人から聞きました。
なので、大体の目安ですね。)

どちらがいいの?というと、
日本人には雨季が人気があって、
欧米人には乾季が人気があるという噂で、
どのような光景を見たいかによっても変わってくると思います。

僕たちは、鏡張りのウユニ塩湖を見たくて、雨季を目指しました。

「3月の新月にウユニで逢おう」と約束した
カーニバルに参加した仲間達と再集合し、ウユニを満喫してきました。

44人いたナタカのメンバーのうち約20人と再会!!

気心しれた仲間と、最高の土地に行く。
これ以上楽しいこともないですよね。

なんで「新月」だったのか。
それは、めちゃめちゃ星空が綺麗で、
加えて、星空が水面に反射し、宇宙のようだ、との話があったから。

僕たちが知らなかっただけで、有名な話のようで、
行ってみると、遠い異国の地で数百人の日本人が集結していました。
(一番の日本人ハイシーズンだと思われます。。。若干、興ざめするところではあるのですが^^;)

そんなこんな、僕たちは三回車をチャーターし、ウユニ塩湖に行ってきました。
夕陽編
IMG_9225.JPG


星空&朝陽編
IMG_9425.JPG


観光&トリック写真編
DSC_0239.JPG


写真は、それぞれ毎に、載せてあるので、是非ご覧ください〜。

ウユニ、死ぬまでにもう一回は足を運びたい場所です。


現地でのランドクルーザーチャーターの選び方


現地に着いてからは、
塩のホテルに泊まったりする1泊2日等のツアーで行くか、
ランドクルーザーをチャーターして日帰りで行くかのオプションがあります。

僕たちは、
皆で、ランドクルーザーをチャーターして、
塩湖に向かいました。

日本人に有名なツアー会社は、hodakaとblisaの2社がありますが、
僕たちはhodakaを使いました。

値段は、シーズンにも大分よると思うのですが、
一番混んでいる時期でしょうし、900ボリ=約13000円でした。
相場は周りにいる旅人に聞くのが一番だと思います。

ちなみに、街中には日本人が溢れているので、同乗者は募ればすぐ見つかりますし、
逆に、各ツアー会社の前には同乗者を募る張り紙がたくさんありました。
なので安くいく場合は、定員まで仲間を募るのが一番です。

また、ツアー会社の違いより、
一緒に行くメンバーや運転手の写真の腕前の方が重要だったりします。

旅人のブログに、良かった運転手の名前載ってたりしますし、
各ツアー会社ともに運転手の指名も可能なので、
こだわりたい人は、調べていくのがおススメです。


ウユニ塩湖に行く前の高山病対策


ウユニは高地にあるため、高山病にかかる人も多々見かけます。
せっかくウユニに行っても寝込んでいては台無しなので、
不安な方は、事前に高山病の薬を飲んでおくことをオススメします。

僕たちは、
サンチアゴからラパスに乗る直前から薬を飲んでいたため、
高山病は大丈夫でした。
(副作用で利尿作用があるため、観光直前は要注意です)

▼高山病の薬ダイアモックス
IMGP9918

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。