エクアドル:ガラパゴス諸島】海の中の世界〜世界一素敵なビーチでスノーケリング(サンタクルス島)編

イサベラ島でスノーケルを楽しんだ僕たちは、
サンタクルス島でも、ダイビングを申し込む傍ら、スノーケルに挑戦しました。

2013年5月8日。ガラパゴス出発まであと3日を残した日のこと。

タートルベイは世界トップレベルの砂浜!

これまでサンタクルス島では、
ダーウィン研究所の敷地内にあるビーチでちょっと泳いだりしていましたが、
この日はタートルベイ(トルトゥーガベイ)というビーチまで少し遠出。

水中の世界を見るために街中でスノーケルのマスクをGET!
1人3ドルなり。(フィン付だと5ドルでしたが、節約のため借りず^^;)

このタートルベイ、
街の外れから2.5キロの遊歩道を歩いていかなくてはなりません。

ビーチの名前の通り、タートル=ウミガメの産卵場所となるビーチ。
そのため、入場時間が制限されており、
管理事務所で名前を記帳してから遊歩道を歩き続けます。
IMGP3513.JPG

IMGP3515.JPG

IMGP4571.JPG

30分くらい歩くと見えてきた砂浜!

真っ白な弓なりの砂浜がそこには広がっていました。
IMGP3539.JPG

天気も快晴!

白い砂浜、青い海!

このビーチ、今まで見たビーチの中でもピカ一の素敵な砂浜です。
IMGP3525.JPG

IMGP3530.JPG

IMGP3537.JPG

その海で一緒に泳げたのはなんとシャーク

タートルベイには2つ砂浜があると聞いていたので、
1キロくらい砂浜を歩いていくと、逆サイドにもう一つのビーチがありました。

そっちの方が、スノーケル向きだと思って向かったのに、
行ってみたら人は比較的多かったものの、なんだか緑色。
IMGP3547.JPG

試しに潜ってみたら50cm先は闇でした。

すぐに元のキレイな砂浜に引き返し、海に入ってみました。

すると、すぐ目に入ってきたのが・・・

IMGP4649.JPG

シャーク!

サメです、サメ!!
何ていうシャークかわかりませんが、ビックリ!

最初ビビりましたが、襲う様子もなければ、周りにスノーケルしてる人もいたので、
ずっとシャークと一緒に泳ぐことができました。

IMGP4581.JPG

IMGP4586.JPG

IMGP4616.JPG

IMGP4619.JPG

IMGP4639.JPG

たくさんの魚たちと数匹のシャーク。
横にはウミイグアナ。
ちょっと横の海ではたくさんのウミガメが海面に顔を出してました。

IMGP3544.JPG

イサベラ島とは違ったガラパゴスの顔を見れました。

さすが、ガラパゴスだわ。

このキレイな砂浜は本当世界一!!
スノーケルはせず、このタートルベイを見るだけでも、
サンタクルス島に来た価値はある気がします!

是非、キレイなビーチを見たい方はガラパゴスまで!!

IMGP4642.JPG

次回は、スノーケリング最終章として、
1dayツアーで訪れたサンクリストバル島での様子をお届けします!

(参考)スノーケル情報@サンタクルス島

<場所>
タートルベイ
-遊歩道から砂浜にぶつかって右側に1km位進んだ場所
(1つ目の砂浜が終わり、岩場になるあたり)

サンタクルス島では他に、
ラスグリエタスとダーウィン研究所の近くのビーチにも行きました。
その時はスノーケルグッズを持っておらず、海の中は謎です。

ラスグリエタスは、水は確かにキレイだったのですが、
狭いところに人が多過ぎて、写真ほどのキレイさはありませんでした。
人が少なければ、飛び込めたりもして、とっても良さげな場所なんですけどね。

サンタクルス島でスノーケルするのであれば、
個人的にはタートルベイがオススメです。

<道具>
・ビーチには何もないので、街の中で調達して行きましょう
-マスクとフィンで5ドル、マスクのみ3ドルが数店覗いたレンタル相場でした
・水分は遊歩道の入口の管理事務所でも買うことは可能です

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*