エクアドル:ガラパゴス諸島】海の中の世界〜充実の1dayツアースノーケリング(サンクリストバル島)編

どもども。

イサベラ島、サンタクルス島で遊んでた僕たちは、
ガラパゴス最後の1日に1dayツアーでサンクリストバル島に行ってきました。

2013年5月10日。

galapagos

まずはツアー選びから

イサベラ島には往復のフェリーを手配して行ったものの、
サンクリストバル島には、時間がなかったこともあり1dayツアーで行くことにしました。

サンクリストバルは通称アシカの島。
もうアシカは、イサベラでもサンタクルスでもたくさん見て、お腹いっぱいだったのですが、
一ヶ所だけ、行っておきたかった場所があって…

それがこれ、

IMGP3648.JPG

キッカーロック

IMGP3630.JPG

この岩と岩の間をスノーケルできるんです。
しかもその下にはサメが泳いでいるんだって!

こりゃ行くしかないでしょ!
いつ行くの?今でしょ!!ってな感じで僕たちはサンクリストバル行を探し始めました。

しかも、サンタクルスからサンクリストバルへは、
往復のフェリーが約55ドル、現地からキッカーロック等を巡るツアーが約45ドルする中、
1dayツアーだと合わせて90ドル~100ドルで行けるっていう話。

残された日程的にも、経済的にも1dayツアーを選択しない手はありませんでした!

んで、2日前にツアー会社を回ってみたのですが、
95ドル~100ドルを提示され、どうにも値段が下がらない。

どうしよ、どうしよ。90ドルで申し込みたいけど。
もうやむを得ないから95ドルで申し込もうかと思って、
2日前に感触の良かった店に、前日の19時手前に滑りこんだら、

「いくら?」⇒「1人85ドル!」

まじで!?

滑り込みセーフ。ギリギリで予算より安くツアーに参加できることになりました!

ATMでお金が下せず、95ドル×2を支払う能力はなかったので、ホント助かった^^;

朝7時頃出て、夕方17時頃戻ってくる1dayツアー。
3回のスノーケルとランチ付!スノーケルの装備付!

ワクワクしながら床に就き、ツアー当日を迎えました。

1本目:たくさんのウミガメと泳いだLoberia

6:40集合と言われ集合場所に向かったけど、結局船の人が来たのは7時過ぎ。
島時間なんてそんなもんですよね^^;

ちょっと心配になりましたけど、いざ出発!

サンクリストバルまでは船で約2時間。
最初の目的地は、その港からバスで10分ほど行ったLoberiaと言うビーチでした。

道中、フィンやウェットを借りる場所に立ち寄りました。
1つ3ドル、2つで5ドルで借りれるとのこと。

昨日のツアー会社はフィンも付いてるって言ってたのに、どうやら別だった模様。
それを言っても埒が明かなかったので、
嫁の分だけでもお金出して借りようと思ったらサイズがなく断念…。あれま。

何はともあれ、Loberiaは狭い入り江のビーチだったので、
マスクのみで海に入りました。

ビーチからアシカが遊んでるのは見えてたのですが、
潜ってみると…

カメ
IMGP4763.JPG

カメ
IMGP4761.JPG

カメ!!
IMGP4762.JPG

あちこちにウミガメが泳いでました。
ざっと同じ視界に4‐5匹泳いでたりする状況。

ごいすーだ。さすがガラパゴス。

1時間程ここでカメとのスノーケリングを満喫しました。
IMGP4748.JPG

IMGP4771.JPG

IMGP4758.JPG

海辺にいたアシカがまたかわいかった!
IMGP4725.JPG

2本目:Kicker Rock!念願のハンマーヘッドを発見!!

その後、バスで港に戻り、船上で昼食を食べながら、キッカーロックへ向かいました。

見えてはいるのだけど、なかなか辿り着かないキッカーロック。

やっと着くと、ヘリ経った崖の水面近くにはアシカが寝てたり、まったりした雰囲気。

IMGP4786.JPG

IMGP3638.JPG

キッカーロックを一周した後、
「ここでは勝手に泳ぐな」というガイドの指示の下、海へ。

ガラパゴスは赤道直下にあるものの、
寒流のフンボルト海流の影響もあり、海水温は低め。

中にはショートのウェットを着ている人もいましたが、うちらは水着のみ。
結局、フィンも借りれなかったので、嫁は船のライフジャケットを身に付けて入ってました。

着水して、水の中を見てみると、日陰で見にくいながらも魚が見えます。
そこらへんは見ているうちに目が慣れてくるもの。

魚の群れがいたと思ったら、暫くして、サメが僕たちの下を通過していきました。

わずかに2‐3m下の場所。

泳いでいると、何度も下を通り過ぎていくサメの群れ。
不思議なことにサメは襲ってはこないのですが、凄い光景!
IMGP4795.JPG

すげーっと思いながらよくよく見ていると、

「ん?」

「あ、あれは?」

ハンマーヘッドシャークだ!!

頭がハンマーの形をしたシャーク。
ガラパゴスでは有名なシャーク。

見たいと思ってたやつを遂に見ちゃいました!
(あいにく写真には残せず…)

ガイドから3日前にこのポイントで見たから、見れるチャンスはあると聞いてたものの、
見付けた瞬間はホント興奮モノでした!しかも、発見したのはガイドより先!

興奮してガイドに「ハンマーヘッド!!」と教えてあげてる僕たちがいました。笑

普通のサメの群れに混ざって何匹か泳いでました。

うおースゲー!!

ここではウミガメも発見し、
最後ハンマーヘッドシャークを見てたら、
アシカがハンマーヘッドシャークを追いかける的な絵まで見れちゃいました。

キッカーロックは裂け目を横断したらスノーケリングはお終い。
日陰だしちょっと寒いからか他のツアー客は早々に船にあがっちゃってたけど、
もっとここでスノーケリングをしてたかった!!

IMGP4797.JPG

いや、ホント、ここはダイナミックで、凄かった。
最終日にまた違ったガラパゴスの顔を見た。

IMGP4793.JPG

3本目:イグアナ・アシカと遊んだIsla lobos

キッカーロックの興奮冷めやらぬまま、
船で3カ所目のポイントIsla lobosに移動しました。

IMGP3662.JPG

IMGP3663.JPG

もう大分やりきった感はあったのですが、
ここでは、イグアナが海中から泳いでくる姿が見えたり、
あとは、ずっとアシカと遊んでました。
IMGP4817.JPG

IMGP4818.JPG

IMGP4831.JPG

IMGP4815.JPG

IMGP4827.JPG

少し寒かったのだけど、アシカと泳ぐのは楽し過ぎて、
なんだかんだで最後までずっと水の中にいました。

遊びつくした1dayツアー

サンクリストバルの1dayツアーはオールスターズ!

アシカにイグアナにウミガメにハンマーヘッドシャークに、
道中船から、アオアシカツオドリに喉のあたりが赤く膨らんでいるグンカンドリに…

運が良かったのか、
ガラパゴス最終日にメジャーなワイルドライフ達にお目にかかることが出来ました!

特に、他の島で出逢えなかった喉のあたりが赤く膨らんでるグンカンドリと、
ダイビングでも出逢えなかったハンマーヘッドシャークを見た時は、ホント興奮した!!

やり尽くした感満載の最終日1dayツアーでした!

IMGP3655.JPG

IMGP3659.JPG

ホントはサンクリストバル島にも滞在したかったのですが、1dayツアーでも大満足!!

ゆったりしつつも遊びきったガラパゴス滞在でした。

ガラパゴスで名前が付いている島は123あり、
そのうち個人旅行で訪れることが出来るのは、イサベラ島、サンタクルス島、サンクリストバル島の3つ。
(※他はクルーズなどガイド同伴のツアーで訪問可能)

今回はその3つの島を遊びきったので、
次回はお値段高いけどクルーズで他の島にも行ってみたいなー。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*