メキシコ:グアナファト】色鮮やかな文化の街。でもミイラは…

丘からグアナファトの夕陽&夜景を眺めた後、
3泊して丸々中2日間グアナファトの街を散策してきました。
(今はカンクンにいます~)

色鮮やかな文化の街 グアナファト

グアナファトは昔、銀で栄えた街として知られ、郊外に銀鉱山があるのですが、
多くの人のブログを見ると「街を歩くのが一番の見所だ」と言われています。

銀鉱山にそこまで興味のなかった僕たちは、とにかく街を散策してみることに。

確かに色鮮やかな街並み。
P6039634.JPG

IMGP0306.JPG

P6039658.JPG

P6039676.JPG

そして、面白いのは、道路網が地下に張り巡らされている立体的な街並み。
P6029596.JPG

P6039687.JPG

どうして、このような街づくりになったのか気になるところです。

調べてみると、どうも昔、
川を地下道に逃して、洪水を避けるため街を上の方に建てていたようですが、
ダムを造り川をさらに地下の洞窟に流すことによって、
使われなくなった地下道を道路にしているのだとか。

なるほど。街の発展って面白いものです。それにしても不思議な感じ。
あちこちに地下に降りる階段があります。
IMGP0328.JPG

P6039686.JPG

そんな街を歩いていると、たくさんの教会や劇場、博物館にあたります。
P6029577.JPG

P6039652.JPG

P6029620.JPG

ここまで教会や博物館が多いのはなぜだかわかりませんが、
とにかく文化的な色合いが溢れた街です。

お化け屋敷より怖かったミイラ博物館

数ある博物館のなかでもグアナファトで有名なのがミイラ博物館。

友達からも話を聞いていて、歩き方にも載ってるし、
街中でも見かける「Momias(ミイラ)あっち」の標識。

ウユニ塩湖でもミイラとご対面した流れでせっかくなので行ってみることにしました。

1人5ペソのバスで行くことも出来るようですが、
節約を兼ねて、ミイラ博物館までも散歩!

街の中心のラパス広場から歩くこと30分ほどでミイラ博物館に着きます。
IMGP0299.JPG

メキシコの乾燥した気候ゆえに、ミイラが出来やすい気候の様です。

入場料は1人52ペソ(≒400円)。
館内は写真撮影禁止(お金を払えば撮影可能?)だったので写真はありません。

でも、写真撮れたとしても撮る気は起きなかったと思います。。。

なんてったってめちゃめちゃ怖い!

赤ちゃんのミイラから大人のミイラまで、
数十体のミイラがずらっと並んでいるんです。

館内は薄暗く、
BGMもそれっぽいのが流れてて…
もう鳥肌が引かない状態に。。。

大抵のミイラが20世紀に入ってからのモノ。
ミイラ化しているものの、髪や歯はもちろん、肌も残ってます。

遺族はまだ生きているだろうに、
どういう気持ちで眺めてるんだろうと思ってしまいました…

ミイラ博物館は確かに凄かったですが、1回でいいっす。
個人的に興味ある人は是非。

「メキシコで一番美しい」「世界遺産」と言えど…

さて、気を取り直してメキシコで一番美しい街へ。

結局3日連続でピピラ記念像のある丘に登り、
そこからの風景を楽しみました。
IMGP0319.JPG

下の街からマリアッチの演奏する音楽が聞こえてきたり、
気持ちい風に吹かれながら、ボーっとするのはホント最高です。

ピピラ記念像のある丘から見える城壁のような建物にも
気になったので散歩してきちゃいました。
guanajuato_picture

中心部から結構歩きました。

暑い太陽に照らされる中、喧嘩しそうになるくらい歩きました。
多分、歩いて2時間くらいかな。バスでもちゃちゃっと行けるのですが。
IMGP0331.JPG

IMGP0334.JPG

やっと辿り着いた「Mina de San Juan de Rayas」
IMGP0341.JPG

IMGP0346.JPG

そこからの眺めもまた綺麗でした。
中心部はちょうど丘に隠れてて見えないのですが…^^;

グアナファトはのんびり快適に過ごせる街でした。

一方で、一つ残念だったのは、
「メキシコで一番美しい」「世界遺産」というものの、

街の中心を外れると、
結構ゴミが散乱しているのが見受けられたり、
P6049720.JPG

P6049721.JPG

壁にも落書きが目立つんです。
P6049744.JPG

P6049748.JPG

なんだか少し残念でした。

でも、壁の落書きを隠すためか壁画に励んでいる人もいました。
P6049747.JPG

僕たちがグアナファトに到着したとき、
道に迷いかけているとFedexの緑色の服を着た人が声をかけてきてくれました。

そして・・・

なんと!
そこから10分間ほど僕たちが行く場所まで道案内をしてくれたのです!

メキシコの人は温かい!

今後、「メキシコで一番美しい」「世界遺産」の名に恥じぬよう、
綺麗な景観が取り戻されればいいなと感じました。

<参考>グアナファト観光情報

(アクセス)
■メキシコ⇔グアナファト
Primera Plus社のバスにて
・料金:432ペソ/人
・所要時間:4時間半~5時間半(途中、他の都市に立ち寄る場合があります)
・場所:メキシコシティの北バスターミナル(Autobuses del Norte)⇔
    グアナファトのバスターミナル(Centro de Autobuses)
・他にグアナファトに向かうバス会社は2社ありましたが、値段と時間帯の関係でPrimera Plus社を選択
 -ETM社は520ペソ、
 -もう1社は深夜のみ(0:30発?)運行で399ペソ
 -ETM社とPrimera Plus社は日中1-2時間に1本走ってます

■グアナファトのバスターミナル(Centro de Autobuses)⇔セントロ
バスターミナルの前で「Centro」と掲げられたバスに乗車
帰りはセントロから「Centro de Autobuses」と書かれたバスに乗車
・料金:5-6ペソ/人
 ‐バスは一律5ペソだったのですが、最後だけなぜか6ペソを徴収される…
・所要時間:30分程度

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*