キューバ:サンチアゴ・デ・クーバ】観光のまとめ

ハバナ→トリニダー→サンチアゴ・デ・クーバとやってきました。

santiagodecuba_map

ここまでやってきて僕たちのキューバで楽しめるポイントは、
「キューバ革命関連」と「カリブ海関連」であることがなんとなく分かってきました。

3泊したサンチアゴ・デ・クーバ。
ざっと僕たちの行った場所をご紹介します~。

1番のおススメはモロ要塞です。

P6230032.JPG

まず、カリブ海の景色が絶景です。
加えて、カリブの海賊とここでやりあっていたという歴史にとてもロマンを感じます。
さらに、モロ要塞の建築自体がなんだかとてもワクワクします。

IMGP0874.JPG

IMGP0879.JPG

P6230054.JPG

なんというか大人の秘密基地と言う感じがするんです。
構造も迷路のようになっているのですが、それが面白くて。
要塞と言うことで窓は小さいのですが、風通しがよく快適でした。

P6230068.JPG

うん、海辺にこんな建物立てて、仲間と一緒に生活したい。
そんなことを思いました。夢ですね。夢。

セントロからタクシーで行かなくてはいけない距離にありますが、
十分タクシーのお金をかける価値はあります。

ここを見て、サンチアゴ・デ・クーバに来てよかったな、と思ったほどです。

セントロからタクシーで往復10CUC-15CUCほどで行くことが出来ます。
僕たちの時はたまたまタクシーの客引きがそのままガイドしてくれました。
入場料は1人4CUC

次のおススメは7月26日モンカダ兵営博物館です。

P6229984.JPG

キューバ革命に置いてここがどういう意味を持った場所かと言うのがとても大事になってきます。

キューバ革命とはそもそも、
親米派で独裁政治を行っていたバティスタ政権をカストロが打倒した革命です。

1953年7月26日、カストロ率いる革命軍がこのモンカダ兵営を襲撃します。
その奇襲は失敗に終わり、カストロは逮捕されてしまうのですが、
その後、カストロは恩赦により釈放され、メキシコに渡り、
チェ・ゲバラと共にグランマ号で再上陸し革命を成し遂げます!

この最初の襲撃の失敗こそが、
のちのキューバ革命実現に向けて大きな契機となったと言われているのです。

121人のうち61人が犠牲となった歴史的な場所。
入口には今もその時の弾痕が生々しく残っています。

P6229983.JPG

P6229985.JPG

P6229995.JPG

中の展示物自体は、そこまで面白いものではありませんが、
ここでそのような戦いが行われたかと思うと、とても感慨深い場所でした。

少し街の中心から外れてますが、足を運ぶ価値はあると思います。

大きな見所はその二つだったのですが、
あとは、アイスの露店が多くてびっくりしました。
IMGP0851.JPG

タッパーもって露店に並んでる人もいました。

P6229970.JPG

現地通貨のCUPで買えるのですが、
キューバ人ってこんなにアイスが好きなんですね。
Hernan Cortes通りとVictoriano Garzon通りが交わる側の公園は、アイス屋だらけでした。
僕たちはその近くの露店で棒のアイスを2CUP(≒8円)で食べました。
P6229968.JPG

CUP繋がりで、
Victoriano Garzon通りを公園から西に少し行くとCUPで食べれるレストランがありました。
P6229977.JPG

どなたかのブログで、「ロブスターを55CUPで食べれました」と見て足を運んだのですが、
OPENに合わせて行ったもののロブスターは品切れでした。
日によって入荷するものは違うようです。
P6229982.JPG

ESPANAと言うお店です。
味は美味しいですし、CUPなので安く食べれますが、
180CUPの会計を、最初230CUPだと言って請求してきました。

ぼられないよう注意が必要です。
多分他にもCUPで食べれる場所は周りにあると思います。

その他で言うと、
バカルディ博物館はちょっと僕たちには合わず残念な感じでした。
そもそも「バカルディ」と言う名前から、
ラムの博物館かと思っていったところから筋違いだったのですが。
P6220001.JPG

カーニバル博物館もショーは面白いとの噂でしたが、
何もない時間に行くと展示物があまり僕たちには響かずいまいちでした。
P6230030.JPG

この2つはよっぽど行きたいという人はとめませんが、
入場料も取られるので、
「行かなくてもいいんじゃん?」とアドバイスしてしまいそうな場所でした。

そんなサンチアゴ・デ・クーバ滞在でした!
P6229955.JPG

参考1.キューバ関連DVD

旅の途中、友人からデータを貰った映画を、
暫く手を付けていなかったのだが、サンチアゴ・デ・クーバの地で見ました。
「チェ28歳の革命」

チェ 28歳の革命 [DVD]
チェ 28歳の革命 [DVD]

posted with amazlet at 13.07.07
NIKKATSU CORPORATION(NK)(D) (2009-12-11)
売り上げランキング: 27,291

まさに今いる場所を題材にした映画を見ると、とても感慨深いものがありました。
キューバに行くのであれば、是非書籍なり、映画なりで、歴史を勉強しておくと、
より一段と楽しめること間違いないと思います。

僕たちも旅しながら調べたいこと沢山でしたが、
何せネット環境が弱いので、予習が必須です。

参考2.サンチアゴ・デ・クーバのアクセス(2013年6月時点)

トリニダー8:00発→サンチアゴ・デ・クーバ21:00頃着

サンチアゴ・デ・クーバ7:45発→バラコア12:50頃着

▼サンチアゴ・デ・クーバからの料金表
P6240090.JPG

▼サンチアゴ・デ・クーバ発着の時刻表
P6240091.JPG

参考3.サンチアゴ・デ・クーバのでの宿

トリニダーで泊まったホステルの紹介でCASA ESPEに泊まりました。
http://junjun2310.bunj.in/?p=2834

宿の料金はトリニダーの紹介だったので同じ1人5CUC。
但し、サンチアゴ・デ・クーバでは朝食は別料金でした。

トリニダー水準の価格で泊まれるので、紹介してもらうのも悪くないなと思いました。
次のバラコアの宿もこの宿に紹介してもらいました。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*