中級ホテルに約20%安く泊まる方法

モロッコからスペインに戻って来たのですが、
スペインの話に移る前にちょっと息抜きを。

何だか書いているうちに回し者の様になってしまったのですが、
別にそんなことはなく、あくまでも僕たちがどうしているかという話です。

+++++++
僕たちの旅のスタイルは、
移動費・食費・観光費はそこまでケチりませんが、
宿はなるべく節約して旅してます。
IMGP1282.JPG

アジアや中南米の途上国では、
行き当たりばったり安宿に入ることがほとんどでした。
ヨーロッパに入ってからも、ドミトリーを見学がてら回ってます。

でも、たまにはもうちょっとちゃんとした所に泊まってます。
とは言え服装が服装なので、高級ホテルはパス。
日本でいうところの安めのビジネスホテルのようなとこです。
アメリカのドライブ中はそんな感じの宿が中心でした。

出来る限り安い「安宿」に泊まりたいのであれば、
事前にその地域の相場を調べておき、宿の目星をつけて、
あとは現地で交渉するに限ります。

先進国で探すなら、
ホステルワールドなどのサイトでみんな探している気がします。

では、中級ホテルに、少しでも安く泊まるにはどうしたらいいか。

1.ホテル予約サイトを選ぶ

ホテルを予約する際、大半はwebを通じて予約しています。

その際、業界の慣わしか、直接お目当てのホテルのサイトを訪れるより、
代理店と化している比較サイトを通じて予約した方が安かったりします。

各サイトで「最低価格保証」を謳っていたりしますが、
サイトによってちょっとずつ特徴が違います。

サイト名 概要 主な特典
Hotels.com
Expediaのブランドの一つ。
ウェブサイトや電話による問い合わせなどの日本語によるカスタマーサポートも実施。

世界最大級の 220,000 軒のホテル情報と、650 万人以上のお客様のレビューがサイトの強み。

・最低価格保証
 -差額を返金してくれる
 -15万軒以上の対象ホテルで保証(一部対象外?)
・10泊で1泊無料
 -対象のホテルに10泊すると、次の宿泊予約時に10泊の平均価格分の割引が可能
Expedia
本拠地はアメリカ合衆国。元はマイクロソフト社の1部門だった。
ウェブサイトや電話による問い合わせなどの日本語によるカスタマーサポートも実施。2013年にはJTBと業務提携

世界中の30,000都市、150,000軒以上のホテル情報と航空券、ツアーを取り扱う、自称「世界最大の旅行予約サイト」

・最低価格保証
 -差額返金に加え、5000円分のクーポンを発行してくれる
・Tポイントが貯まる
 -200円利用で1pt
Agoda アジア太平洋地域を中心にオンラインのホテル予約を提供する会社で、シンガポール、バンコク、フィリピン、東京などアジアの主要都市に拠点を持つ。
ウェブサイトや電話による問い合わせなどの日本語によるカスタマーサポートも実施。

330,000軒以上のホテル情報と400万件以上の口コミを掲載している。

・最低価格保証
 -他社と同じ価格もしくはさらに安い価格にて提供してくれる
Booking.com 本拠地はオランダ。40カ国以上の言語に対応し、ウェブサイトや電話による問い合わせなどの日本語によるカスタマーサポートも実施。

「ほとんどの客室でキャンセル無料」を謳っている。
330,000軒以上のホテル情報を掲載している。

・最低価格保証
 -他社と同じ価格にて提供してくれる
Hotelclub.com
本拠地はオーストラリア。

71,000軒以上のホテル情報と600万人以上の口コミを掲載している。

・最低価格保証
 -差額を返金してくれる
 -但し、予約完了後24時間以内
・ポイント還元
 -予約の度に最大7%のポイント還元

(Source:各社webサイト,wikipedia)

価格や条件が一緒なら、
「ポイント」や「10泊で1泊無料」などの
ロイヤリティプログラムに囲い込まれちゃった方がお得です。

2.アフィリエイトサイトを通じて予約する

「アフィリエイトサイトって?」という方もいるかと思いますが、
アフィリエイトサイトはweb上の広告代理店です。

広告主を集め、
ホームページやブログを持っている人に広告を貼ってもらう。

本来は、ホームページやブログを通じての第三者の集客が目的で、
申込や購買に応じて報酬が支払われます。
(この記事に貼ってあるバナーも広告です。)

ただ、広告主によっては、
サイトの所有者が、自分で申込・購買した場合にも報酬を支払ってくれます。
アフィリエイトサイトには、そのための自分で申し込む専用のページがあります。

「宿泊金額の9%」「1回の申込につき200円」などと言った形で還元されます。

国内に2大アフィリエイトサイトがあり、
多少広告主や報酬の違いがあるので、比較して使い分けています。

サイト名 概要 主な広告主
バリューコマース
ヤフーの関連会社。
なんと、あの、イチローも創業時に出資していたとか!
90万以上のサイトが登録しており、2000社超の広告主を持つ。旅行系の広告主も多い!
(海外宿泊)
 ・Expedia
 ・Hotels.com
 ・Hotel Club
(国内宿泊)
 ・じゃらん
 ・楽天トラベル
A8.net



社名の由来はア(a)フィリエイト(8)から来ているとか。
旅行系で、自分で申し込む広告数に関してはやや劣るが、140万超の登録数と、累計1万社超の広告主数を誇る日本最大級のアフィリエイトサービスプロバイダー。
(海外宿泊)
 ・Hotels.com
 ・Hotel Club
(国内宿泊)
 ・じゃらん

これは、旅行に限らず、カード作る時とか、
何かを申込・購入する際にも、以外と使えたりします。

本来の目的通りに広告をサイトに貼って、報酬を狙うという手もあります。

ブログがあれば(A8.netはブログがなくても?)、審査はありますが誰でも登録できるはずです。

+++++++
僕たちはそれを踏まえ、多くの場合、
バリューコマースを通じて、ホテルズドットコムを利用しています。

バリューコマースの還元率が、9%(2013年8月時点(追記:9月から5%になってました。))。
ホテルズドットコムは10泊で1泊無料なので、実質9%引。
合計18%の還元率です。結構大きいですよね?

これに加えて、比較サイトによっては、
期間限定クーポンが配られたりしてさらにお得になる場合もあります!

ドミはちょっとという人や、年齢的にも安宿はきついなーっていう人には、
中級ホテルの存在が大っきいんですよね。

海外旅行だけじゃなくて、国内の旅行でも使えるかも。。。

僕たちも試行錯誤の段階ですが、
もしこんな方法あるよっていうのがあったらぜひ教えてください!

P.S.
それにしても、宿側からすれば、これ以上にマージンとられていると考えると…
最低価格保証とか約束されて、直接来てくれたお客様に価格優遇することもできないんだろうけど、
直接、お客様に選んでもらえる形になれば、もっとサービスに力割けるだろうに、と考えてしまいます。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*