オランダ】ほっこりした、ウニクロの力

ブログランキングなるものに参加しているわけですが、
ある時義姉から嫁にこんなメールが来てました。

「1日160回もクリックしてみたけど、よく見たら1日1回なんだね。」

160回!?

有難すぎます。1回しか反映されないんですけど^^;

そして、
義父からも「クリックしてるけどランキングあがらないね」と、
メールが来たようで、痛いところを突かれながらも、有難いことです。

親族からもコメント頂いたり、
身近な人に思ったより見ていただけているようで、
海外で旅しながらほっこりしました。

あっという間の10か月。
そして、あと2カ月。

行きたいところが一杯で、
だだーって回ろうか、少し絞ろうかリアルタイムで悩み中です。
+++++++

オランダについて、
前回はすこし真面目な投稿を書いてみたのですが、
今回は普通の観光・街歩きブログをアップしてみます~。

オランダと言えば、風車!
IMGP7762.JPG

Leidenという街に滞在していたのですが、
スタバはNetherlandsもLeidenという街も表柄は風車でした。
IMGP7756.JPG

なんだか、運河と風車だけで絵になる光景です。
IMGP7160.JPG

IMGP7579.JPG

この運河、年に1回掃除をすると、相当数の自転車があがるのだとか。
そう、オランダは自転車の国でもあります。
IMGP7675.JPG

3歳-4歳にもなると、
補助輪なしで自転車に乗れるようになるというのだから脅威です。

子どもを前に乗せる自転車も、結構街で見かけます。
IMGP7650.JPG

この自転車お値段も結構するみたいですが、
オランダでは中古でもあまり値段が落ちないのだとか。

フラットだから自転車でも行動しやすいんだろうなと思いながら、
自転車の数は相当なものでした。

柵のない運河と自転車。
そりゃまぁ落ちる人もそれなりの数いるんでしょうね。

だから、オランダは水泳が盛んなようです。
IMGP7226.JPG

生まれて3カ月もすれば、水泳に通います。
おむつどうするかって?固形物が流れないようなパンツははくみたいです。

運河もあれば、海岸に近く洪水も多い。
必要に迫られて、そのような文化になっているんだとか。

だから、最初は競泳と言うよりは、着衣水泳とかから始まるみたいです。
文化ですね。

一緒にプールに行ったのですが、
2歳にならない子が喜んで飛び込んでいく様子はかわいかったです。

1日LeidenからAmsterdamにも行ってみました。
IMGP7414.JPG

損保ジャパンにもある「ひまわり」の本場、オランダ。
ゴッホ美術館の前を通過してみたり、街をぶらぶら歩きました。
IMGP7411.JPG

とある店で接客してくれたお姉さん。
僕たちの来ている服を見て「これウニクロ?」と話しかけてきました。

どきっ。。。

オランダで見破られるとは…。

それにしても「『ウ』ニクロ」。まぁそうだよな。

アムステルダムにユニクロはないものの、
わざわざパリに買いに行ったりするようです。

チリ出身の彼女は6年間くらいオランダにいるようですが、
「ウニクロはいいのよ!」と同僚に説明してくれていました。

異国でこう話しかけてもらえると嬉しいですよね。

そして、
そんなグローバルに認知される企業を、
実質1代で築いた柳井社長はスゴイなと改めて思いました。

なんだか、ほっこりした瞬間。

9月のオランダは曇りと雨が多かったし肌寒かったけど、
ほんと素敵な街並みでした。

従姉とその家族に囲まれて幸せな時間でした。
IMGP7773.JPG

また春に来よう。

そう思いながら、次はドイツに向かうのでした。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*