トルコ:イスタンブル】ヨーロッパとアジアは違うのか。

前日、旧市街を見た僕たちは、
翌日、新市街とアジア方面を目指しました。

旧市街から新市街までは徒歩。
15分くらいトラムの線路沿いに歩くとボスポラス海峡の奥に新市街見えてきます。
IMGP9189.JPG

まもなく、多くの釣り人がいる新市街と繋がる橋に辿り着きます。
この、橋にいる人、みんな釣り糸垂らしてます。ホントびっくりします。
IMGP9196.JPG

この橋をくぐったところに、イスタンブル名物サバサンドのお店があります。
IMGP9197.JPG

まずは、ここで腹ごしらえ。
IMGP9200.JPG

なんで、トルコでサバサンドが有名なのか分かりませんが、
焼き魚サンドはなかなかに美味でした。6TL(≒300円)也。
IMGP9203.JPG

そして、多くの釣り人がいる旧市街と新市街を繋ぐ橋を渡ります。
IMGP9220.JPG

覗き込むと意外ときれいな川には魚影がしっかり見えました。

それにしても、
この人達、平日から仕事しなくて大丈夫かな?なんて、
無職の自分たちを棚に上げて、心配したりしてました。

そして辿り着いた新市街。
IMGP9246.JPG

旧市街との違いは、現地の人が増えた事くらいでしょうか。
あとは、店が並ぶ道が少し広くてゆったりしていること。
IMGP9223.JPG

と、ニューヨークで行った流行りのハンバーガー屋SHAKE SHACKまであったことですかね。
IMGP9243.JPG

全体としては、そんなに大きく変わらない印象を受けました。
ビジネス街とかが並ぶのはもうちょっと別のエリアのようでした。

こっちでは、一通り歩いた後、トルコアイスを購入。
IMGP9232.JPG

日本でも一時期ブームが来ていたのが懐かしいですが、
あのブームどこに行ったんでしょうね。

伸びるっていう面白さはあるけど、
味的にはさらっとしている普通のアイスの方が個人的には好きでした。

新市街を楽しんだ後は、アジアへ移動。

アジアへは船に乗って移動します。3TL(≒150円)也。
IMGP9256.JPG

IMGP9264.JPG

ボスポラス海峡を行く船の旅。
安かったし、潮風に吹かれて楽しかったです。
IMGP9266.JPG

そして、30分もかからないうちにアジアに到着。
IMGP9278.JPG

IMGP9279.JPG

僕たちは船乗場のカドゥキョイ周辺を散策したのですが、
特にこれと言った見所もなくぶらぶらしてました。
IMGP9289.JPG

アジアらしさを感じられるかと思ったけど、
あまりそんなこともありませんでした。
IMGP9290.JPG

IMGP9291.JPG

特段、旧市街や新市街と変わらない、
イスタンブルの街並みが広がっていました。

スタバもお洒落だし。
IMGP9288.JPG

IMGP9287.JPG

ただ、観光地と言うより、より現地の人の街と言う感じになった気はします。
IMGP9294.JPG

IMGP9295.JPG

一通り散策して、夕飯を食べてアジアを出発。
IMGP9292.JPG

IMGP9298.JPG

IMGP9301.JPG

船から見れた夕焼けは綺麗でした。
IMGP9306.JPG

IMGP9319.JPG

あっという間に日は沈んで、ネオンが点り始めます。
IMGP9326.JPG

いい感じになってきた頃、ヨーロッパ側に到着。
IMGP9333.JPG

IMGP9334.JPG

ヨーロッパとアジアで何か違うかと思いましたが、
そこまでの違いは感じませんでした。

そもそもアジアらしさってなんだっけ。
ごみごみしていること?活気?熱気?蒸し暑さ?アジア人?

海は挟むものの目と鼻の先で、
同じ国で同じ人が生活していれば、
そんな変わることもないですよね。

新市街、アジアはともかく、
「ボスポラス海峡を船で横断する」ことや、
「船の上から夕焼けを眺める」ことは、すごく良かったです。
IMGP9321.JPG

IMGP9314.JPG

ブログで登場した以外の食事はほぼケバブでしたが、
イスタンブルも大満喫。

この晩、僕たちは南米・スペインを共に行動した友人と合流し、
翌日、最後にイスタンブルでサバサンドを食べつつ、
カッパドキアへと向かうのでした。

カッパドキアと言えば、、、

そうです気球です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*