ヨルダン:死海】ホント浮いちゃうのね。楽し過ぎる。

アンマンのダウンタウンで親友夫妻と合流した僕たちは、
一路、死海へと向かいました。

死海は、浮いちゃう湖として有名ですが、
場所はイスラエルとヨルダンの間に位置しています。
Deadsea_map

なんと海抜は約-400m。

ということで、向かう途中には海抜0m地点を通過します。
IMGP2192.JPG

更に18km下っていくと、死海に到着します。
あたりは有名ホテルチェーンも軒を連ねますが、
僕たちは、国営のアンマンビーチへ。入場料20JDなり。
IMGP2195.JPG

ホテルより安いとはいえ、プールもあって立派。
IMGP2202.JPG

早速、着替えて、死海を目指します。

IMGP2206.JPG

浮くの?

浮くの?

IMGP2209.JPG

恐る恐る歩を進めて、
ちょっと深くなったところで、
体を浮かべてみたら、

・・・

浮いた―!

IMGP2213.JPG

ってか、

めっちゃ浮く!

何で浮くかというと、強い陽射しの中、流れ出ていく川がないため、
水分が蒸発していき、結果塩分濃度が30%以上になっているからだとか。

ちなみに、普通の海の塩分濃度3%程度と比較すると、
その濃さは一目瞭然です。

そんな濃いい塩分濃度故、生き物が生息しないので、「死」海というようですが、
口に付いたのちょっと舐めてみたら、とんでもない苦さでした。
IMGP2225.JPG

それにしても、浮く感じがめちゃめちゃ不思議。

立つ体制になっても、全く沈まない。

ひりひりするのさえ我慢すれば、いくらでも遠くへ泳げそう。

ひとしきり浮遊体験を楽しんだのち、
今度は死海のミネラルたっぷり泥パック体験を。(3JD/1人)
IMGP2208.JPG

ちょっと独特な匂いのする泥を塗りたぐって、
暫し放置して、洗い流します。
IMGP2245.JPG

うん。
なんだか少しすべすべになった気がしました。

+++++++
長く入っているとひりひりするのでそんな長居は出来ませんが、
2時間程度で満喫の死海体験でした。

それにしても、プールサイドには大量のハエがいてびっくり。
あのハエは何だったんだろ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*