日本の器~益子焼”Mashiko Pottery”

今年もGWに”益子陶器市”へ行ってきました!

この陶器市は毎年春と秋に開催されます。
ここ数年、我が家では春の陶器市に行くのがGWの恒例。

陶器市では、通常の店舗の他にたーくさんのテントが出店しています。
若い陶芸家の個性あふれる作品を眺めたり
掘り出し市でお手頃な好みの陶器を見つけるのが何とも楽しい!
親戚も一緒に家族みんなで楽しんでいます。

当日はお天気にも恵まれ、夏かと思わせる行楽日和。
今回は初心者が2人(旦那さんといとこの彼氏さん)いたので、まずは藍染工房見学から。
 

陶器市の様子。
 
初めて見た焼き窯。 現役では益子で最大の登窯だそうです。
年に2回しか焚いていないことに驚き。
もっと頻繁に焼いていると思っていました。

普段は決して思わないのに、こういう風景を見ると 陶芸やってみたいー!と思ってしまいます。

そして今回の戦利品はこちら!

まずは、おちょこ&フリーカップ。
陶芸家【北鈴窯 石川 進さん】の作品。
 
どちらも一目惚れです。
写真では分かりにくいですが、 どちらも微妙なブルーの色味が入っていて、とても綺麗!

<おちょこ>
全体は黒ベース。光の加減によって、内側がメタリックがかったブルーのように見える。
外側の黄色の部分は、焼いている時に火が強く当たってしまったとのこと。
残り3個の中から一番綺麗に仕上がっている作品を選びました。
きっと美味しく日本酒を飲めるはず!

<フリーカップ>
純粋に「土」を感じられる素朴な色。
所々にブルーが入り、それもまたいい感じ。
しかしながら、全体が薄いシルバーでまとわれている不思議な色。
そして「ラスト1個」という。
限定モノに弱いわたしの心はがっちりつかまりました。
お酒もコーヒーもどちらも楽しめます!

石川さんは春も秋も同じエリアで出店しているそうなので
是非またお会いしたいなと思います。

ちなみに石川さんに「絶対見てね!」と言われた動画がこちら。(本人出演していました)
ネンドクレイジャー

続いて大皿。
掘り出し市で見つけました。
こちらかなり満足な最高の1枚!

お刺身盛り付けたいわぁ。
茶色と青緑色の微妙なグラデーションっぽいところが素敵!
しっかり厚みもあるのに、なんとお値段1,000円!
2枚しかなく、珍しく父も気に入ったようでしたが、 残念ながらもう1枚もすぐに売れてしまいました。
こういう一皿に出会えるからはまってしまうのよね。

大皿パート2。
こちらも掘り出し市。

程良い大きさと丈夫そうな点で、普段使いに最適だと選びました!
カレーライスや炒飯とかね。
意外にパスタとかイタリアンにも合うかも!
いとこには「おでんに合いそう」って言われたけれど。。。

************************************
あー、今年の益子陶器市も最高に楽しかった!

今年秋の陶器市、来年春の陶器市の時には
”世界のどこか”にいる予定だから、 残念ながらしばらくお休み。

海外でも素敵な器に巡りあえたら嬉しいなぁ。

おまけ。

グリーン(左)は掘り出し市の粗品。
ベージュ(右)は石川さんからのサービス。
ありがとうございました♪

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*