白山国立公園】乳児にも優しい温泉宿「八鵬」

安さ、あったかいシャワー、交通の便、wifi、口コミ評価、サービス・・・。これまでの宿選びから大きく方向転換しました。

「乳児と一緒に泊まれるか」

これが、おっきいんですけど、じゃらんも、楽天トラベルも、これ軸で検索ってなんか、うまくできないんですよね。

相当、ニッチだけど、このニッチの層にとっては、結構大きな要素だと実感したりしています。



金沢に入って、どこか温泉でゆっくりしたい、
せっかくだから、白川郷に行きたいと思ってた僕たちが選んだのは、
石川県側の白山国立公園にある八鵬と言う宿でした。

乳児がいるときの宿の選択基準とは

乳児がいると「部屋食がいい」「部屋にもお風呂も欲しい」
「壁が薄そうな場所は困る」「でも騒いで迷惑かけそうなのも困る」・・・
と何だか、色々な制限がかかってくるのです。

これまで、そこまで必須だと見てこなかった選択基準ばかりです。

それに加えて、「温泉でゆっくりしたいなー」なんていう、
自分たちの希望が乗っかってきます。

だけど、直前ということもあり、思い描くような宿が検索に掛かりません。

それか、若干騒いで迷惑をかけそうな、お値段のする宿のみ。。。(1人4万超-)

うーん、困った。

結果的に、「部屋食」を諦めながらも、
子供向けプランを用意しているところなら、多少安心かなと思い、八鵬を選びました。
(1人1.5-2万円)

「石川、温泉」で検索すると、
和倉温泉とか、山中温泉、山城温泉、片山津温泉が出てきますが、
そんな検索では引っかからなかった、白峰温泉、八鵬へ。

結果的には大満足でした。
じゃらんで高評価なのも納得の八鵬滞在でした。

何気ないとてもwelcomeな前日の電話

予約したのも直前でしたが、前日に、電話がかかってきました。

「明日のご予約ありがとうございます。」

子どもの年齢、どこから来るのか、どういう旅なのか、等々の
確認がありました。

とてもwelcomeな電話で、
1歳にならない子どもを連れていく身としては、とても安心した気分になりました。

金沢から来るんでしたら、
宿から40分くらいはコンビニがないので、事前にご準備くださいね、
と言う連絡も、嬉しい一言でした。

実際、welcomeなお出迎え

白峰温泉は、結構山の中にあります。
こんな機会じゃなきゃ、知ることもなかったかもしれません。

道路から一本それて、八鵬に夕方ごろ到着しました。

見るからにちょっと古い建物。
最近好まれる、渋い、と言うより、古い、という感じ。

うーん、大丈夫かな、という不安はすぐに払拭されました。

スタッフの方の、笑顔でとてもフレンドリーな接客。
子どもにもぬいぐるみを貸してくれたりと笑顔で接してくれて、
娘も、すぐに警戒を解いて笑顔で接していました。

「こちら、とちもち、毎朝作ってるんです。
ぜひ食べてください。」

dsc_0249
食べられない、娘の分も含めて3つ出してくれました。
食事も寝具も不要で食べられないこと濃厚な娘の分まで。

そうして、1人の人として、接してくれてるのって嬉しいですね。

案内いただいた部屋にも3つの椅子が並べてありました。
ゆとりある和室です。

dsc_0251

乳児に配慮して、個室の食事会場を用意

前日に、乳児の件を電話で伝えていたこともあり、
少し配慮してくれるかな、と期待していた部分もありました。

夕食会場に訪れてみると、大広間とは別に、個室を用意いただいていました。

dsc_0282
しかも、娘の座布団にはこぼすこと前提で、タオルが敷いてある感じ。

dsc_0252
素晴らしい心配り。

ちなみに、寝具・食事なしの娘にも「白飯は召し上がれますか?」との話があり、
ご飯だけサービスで出してくれていました。

dsc_0253

大人は普段食べられない大人の食事を

子どもと一緒に動くと、ファミリーレストランとか、
大人も、子どもに引っ張られるところが多々ありますが、
子どもが一緒でも、普段食べられないようなものを食べたいものです。

八鵬では美味しい炉端焼きをいただけます。

dsc_0258
イワナにニジマス、二種類の川魚も美味しかったなー。

dsc_0257
こんな炉端焼きを目の前で焼いていきます。

dsc_0261
じゃらんのプランで、チーズフォンデュが付いていて、
これも既に、味噌か何かで味付けされていて美味でした。

dsc_0262
こちらもじゃらんのプランで付いていた飛騨牛のサービス。

dsc_0263
まいうー。
こちらは茶碗蒸し。

dsc_0265
最後はお茶漬けと、デザート!

ちなみにこのお茶漬けは、温泉の源泉を使っているという代物。

dsc_0268
そう、ここの温泉は、源泉を飲むこともできちゃうのです。

なんていうか、スタッフの方が、ご飯運びに来た時々にも、
娘の面倒を見てくれたりゆっくり楽しみながら、食事をすることができました。

この後、スタッフからちょっとしたサプライズもあり、
感動ものでした。

ちなみにちなみに、こちらは朝食です。

dsc_0295

ちょっとした気配りが嬉しさにつながる

宿の建物自体は古めでしたが、スタッフは一級品でした。
配膳に来てくれた方がだけじゃなくて、
館内会う方会う方笑顔で素敵な方でした。

どうやってこの山奥で、採用、教育しているのか聞きたいくらい!

チェックアウト後も、靴を出してあって、
そこに名前が貼られてました。

dsc_0305
靴でてることはあったけど、名前貼ってくれって初めてだなー。

人だけじゃなくて、こういう仕組み面にも落としているの、
とても参考になります。

この人達いるんだったらまた来たいなー、と思えた宿でした。

カネダさん、
ミャンマー人だけど少し関西イントネーションの日本語完璧なカンイちゃん、
ありがとうございました!

dsc_0308

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。