台湾:龍山寺】萬華林宅という邸宅を改装したスターバックス

先日、台湾に行ってきました。

何気に、初台湾。

しかも、世界一周時に使っていたパスポートは期限切れになってしまったこともあり、
2人の娘のパスポートと合わせて、パスポート新調しての久々の海外旅行!

だって、ハワイ以来。気づけば約4年ぶり。

そんな台湾は両親兄家族併せてのプチ団体だったのですが、そんな中でもスタバに足を運んできました。

台北のスタバはというと、台北101の35階にもスタバがあったり、
迪化街(てきかがい、ディーホアジエ)というエリアにも、バロック調のスタバがあったりするようですが、
今回は観光との兼ね合いで、龍山寺の萬華築にある林さんのお宅を改装して作られたというスタバに行ってみました。

龍山寺の駅から歩いていくと、一見どこだかわかりません。

 

入り口にも目立つスタバのロゴはなく、萬華林宅と書かれているのみ。

 

でも通り過ぎて見上げてみると、ちゃんといつものセイレーンがくっついてます。

 

建物の全貌はこんな感じでした。いい天気!雨続きの中の束の間の暑すぎる晴天でした。

 

注文は一階にて。

 

艋舺(ばんか)は、萬華の昔の名前のようですが、台湾語では今も使われているようで、
このスターバックスも艋舺店でした。

 

台湾のスタバグッズもいろいろ売ってました。
いつも通りマグを買おうかと思ったけど、
他の国と同じデザインのがこのお店にはなかったので別のお店で買いました。。。

 

グッズだけじゃなくて、見慣れない、ポークスナックも売ってました。ジャーキーかな。

 

ドリンクを買ったら、石の階段を上って2階に。

 

2階はドーンと抜けた感じ。
昔からこんなぬけた感じだったのか壁を抜いたのかは定かではありません。

 

3階に上がれるのは曜日と時間が決まっているようでした。

 

ちらっと覗くと昔の家具とかが展示されていそうな感じでした。

 

Welcome to Taiwanの文字。嬉しい心遣い!

 

こっちは期間限定だったと思われる開心果巧克力星冰樂!

 

え、なんだかわからないって!?

Pistachio Bon Bon Frappuccinoって書かれてたので、
きっとピスタチオフラペチーノですw

中庭に置かれてた席も快晴のこんな日には気持ちよさそう。

 

100年前の歴史を感じられるスターバックスでした。

 

今度台湾行くときには、迪化街のスタバを目指してみようと思います。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*