ボリビア:デスロード】世界一危険な道を自転車で!?

ボリビアを発つ前日。
僕たちは「デスロード」というツアーに参加してきました。

旅行者の間では結構有名で、
ラパスにある殆どの旅行代理店が取り扱っている人気ツアーなのです。
とはいえ、多分日本にいれば知る機会もないと思うので、
まずは簡単に「デスロード」ツアーについて説明します。

簡単に言ってしまえば、道をチャリで降りるだけのツアーです。

簡単に言ってしまえば、ですね。

ただ、この「道」が、普通の道ではなく、
通称『デスロード』であるということが味噌です。

デスロード』は、ボリビアのユンガス地域と首都ラパスを結ぶ約70キロの道路ですが、
道幅はバス1台がギリギリ通れる程度。
くねくねと曲がる細い 道のすぐ横には高さ300メートルの絶壁があり、
地上からの高低差4000メートルという場所にありながらガードレールはまったくありません。
P3240054.JPG

んで、毎年200人以上の死者が出ていたために、
新しいバイパスが出来たようですが、依然、旧道のデスロードも使われており、
しかも、こんなツアーにまで活用されちゃっている状況。

日本じゃきっと成り立たないとは思うのですが、そこはボリビア。
流石です。

前置き長くなりましたが、そんなツアーに参加してきました。

ラパスのツアー会社前に集合して、車で出発地点に向かいます。
IMGP0955.JPG

ちなみにラパスの標高が3600m位。
出発地点の標高は4700-4800m位です。

出発地点で、朝食を食べ、いざスタート。
IMGP0957.JPG

最初の1時間程は舗装道路を走ります。
ここで、体を慣らしつつ、ブレーキなどのチェックをしろということでしょうか。
IMGP3184.JPG

天気は快晴!とってもいい眺めの中、坂を下っていきます。
IMGP3183.JPG

IMGP3191.JPG

その後、車で移動して、未舗装道路の出発地点へ。

こちらは一転、雲の中なのか霧なのか視界は悪かったです。
IMGP3199.JPG

ガタガタする道を集中してハンドルを握り、いざスタート。
IMGP3214.JPG

滝の下を自転車でくぐったりしながら、進んでいきます。

途中、脇道に十字架があるあたり、『デスロード』を物語ってました。
DSC02695.JPG

道路脇はこんな崖ですしね。
P3240067.JPG

とはいえ、すんごい目の前に集中せざるを得ないので、
高所が苦手な僕でも、思ったより怖さはなかったです。

ゴール地点は1100-1200mの場所。
何度か休憩を挟みながら、雲を抜けて景色を楽しんでいたら、
あっという間に下ってしまいました。
P3240084.JPG

途中、出てきたコーラとスナックは美味かった!
IMGP3236.JPG

終わった後は、
近くのホテルにてプールで遊び、ビュッフェの昼食!!
P3250039.JPG

IMGP3295.JPG

IMGP3297.JPG

下り坂をこんな長い距離チャリで下りれるなんてこともないし、
めちゃめちゃ爽快だったし、充実のツアーでした!!

▼動画で見るとツアーはこんな感じの流れ

ラパスに行くのであれば、おススメのツアーです!!

ただ、外務省も注意喚起を呼びかけているような、
実際に亡くなられる方もいるツアーなので、油断は大敵です
 -「死んでも責任問いません」的なサインもします
 -僕たちも一応、前日の深酒は控えました

いやー生きてて良かった!!
P1160665.JPG

<デスロードツアー情報>
■申込んだ旅行会社:CHACALTAYA TOURS
 -決め手は、「値段が手頃だった」のと「Tシャツのデザイン」
 -ただし、Tシャツは洗うとだいぶ縮むことが発覚したので、
 大きめサイズがお勧めです。
■料金:360ボリ(約5,000円)
 -フルサスペンションの自転車(定価450ボリ)
 -朝食・軽食・昼食やTシャツ、CD-R等々コミコミ
(※値段は自転車のランクで大きく変わります)
■時間:8-9時間
 -朝7時頃ラパスで集合して、16時頃ラパスで解散

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*