メキシコ:カンクン】興奮のジンベイザメとスノーケリング@イスラ・ムヘーレス

どもども。

カンクンのダウンタウンで5泊した後、
イスラ・ムヘーレスという島に3泊してきました。

「イスラムヘーレス」

最初この地名を耳にしたとき、
「イスラム・ヘーレス」だと思いイスラム系の何かかと思ってました。

が、正しくは「Isla Mujeres(イスラ・ムヘーレス)」で、
Islaは島という意味なので、単にムヘーレス島ということでした。

そんなどうでもいいことはさておき、
カンクンから30分程フェリーに乗ると辿り着けるイスラ・ムヘーレス。
isla_mujeres_map

僕たちにとって最大のハイライトは、
ジンベイザメと泳げるスノーケリングツアーでした。

カンクンに着くまで、まったくそんなツアーの存在知らなかったんですけどね。
カンクンの宿で「ジンベイ行くんですか?」的なことを突然尋ねられ、
お蔭さまで初めてその存在を知ることが出来ました。

「ジンベイザメ」

ウィキペディアを引くとこんなことが書いてあります。

憧れ
スキューバダイビングの世界では「ダイバーの憧れ」とされる。モルディブ、ガラパゴス諸島、ココ島、および、スミラン諸島(en)などで目撃例が多い。回遊しているため、沖縄、四国、伊豆などでも稀に見られる。

「憧れ」なんて項目があること自体どうかと思いつつも、
そんな「ダイバーの憧れ」にスノーケリングで逢えちゃう。

まじか。

ちょうどイスラ・ムヘーレスには行こうと思ってたので、
ついでにジンベイザメスノーケリングツアーに参加して来ちゃいました。

朝8時30分過ぎに港を出発します。
IMGP0579.JPG

途中、イルカの群れにも遭遇しました。
IMGP0583.JPG

出発して40分ほどの沖合に沢山のツアーの船が集まっています。
IMGP5218.JPG

海面に何かいる!?

なんとあたり一面にジンベイザメが姿を見せていました。
IMGP0590.JPG

IMGP0593.JPG

船には10人のツアー客がいたのですが、
ガイド1人につき2人ずつ交代に海に入ります。
IMGP0584.JPG

「ジャンプ、ジャンプ!!」

海に入ると目の前には、あの『憧れ』ジンベイザメの姿が!!
IMGP5219.JPG

IMGP5220.JPG

ここに、「ジャンプ」するのは中々にスリリングでした。
さすがは現生最大の魚類!デカい!
IMGP5205.JPG

IMGP5208.JPG

ジンベイザメって危険じゃないの?って言われますが、
基本的には、人間には興味を示さないようです。

ただ、ヒレで攻撃されることはあるらしく、
事故防止のためかガイド1人につき2名の制限があり、
そして、救命胴衣の着用は義務付けられてます。

んでもって、海軍によって監視されているという状況でした。

代わりばんこなので待ち時間が少し退屈です。
しかも波に揺られ、船のオイルの匂いが漂ってきて少し船酔い気味に…。

それでも大興奮のジンベイザメとのご対面でした。
こんなに簡単に沢山に逢えちゃっていいんですかね!?
IMGP5200.JPG

IMGP5225.JPG

同じ海域に他の魚はあまり見かけなかったのですが、
巨大マンタとも遭遇!
IMGP5223.JPG

3回交替で海に入ったところで、島へ帰還することになりました。

このツアー、なんと昼食・飲物(含むビール)付でした!

ってか、どの旅行代理店でも全く同じ内容で昼食・飲物付。
「なしでいいから安くしてくれよ」って思いながらも、
やむを得ず申し込んだからには満喫するしかありません。

島近辺に戻ったところで船を少し沖に停めてランチ。
船から海に飛び込んで、海の上でコロナにサンドイッチにセビッチェ頂きました!
IMGP5227.JPG

IMGP5238.JPG

最高の贅沢!
遠浅なので足は付くのですが、最高に綺麗な海でした!
IMGP5239.JPG

一しきりそこらで遊んだところで、
1時過ぎに船で桟橋に戻ってきてツアーは解散となりました。

スノーケリングツアーにしてはお値段張りますが、
それ以上に満足いくツアーでした!!

ジンベイザメはシーズン物のようです。
6月-8月あたりにカンクンに行かれる方は是非!!

参考:イスラ・ムヘーレス観光情報

<アクセス(カンクン⇔イスラ・ムヘーレス)>
・カンクンダウンタウン→プエルトファレス
 -タクシーで15分30ペソ
 -安いフェリーが出ているプンタ・サムを目指したものの、
 タクシーで降ろされたのはプエルトファレスでした…
・プエルトファレス→イスラ・ムヘーレス
 -高速船で30分70ペソ/1人片道
 -この船の屋上から見るカリブ海は絶景!!
IMGP0531.JPG

<島内での僕たちの遊び>
・ジンベイザメツアー
 -ツアー代金:900ペソ
  >代理店を回って聞いた相場は80ドル-120ドル(1,000ペソ-1,200ペソ)
  >最低催行人数が集まっていた代理店に前日に申込みに行ったら割引してくれた
 -ジンベイザメに逢えるかどうかは、いくつか代理店を回れば感覚は掴める
  >雨が降ると、ジンベイザメは海中に潜り暫く戻ってこない等性質がある模様
  >「今日たくさんいたから明日もこの天気なら絶対会える」というように、
   人によってはかなり経験と情報を持っている

・スノーケリング
 -スノーケリングレンタル代:100ペソ/1日
 -HOTEL AVALON近辺で勝手に潜った。
IMGP5140.JPG

  >内海は浅くて波がなく、フィンがなくても余裕。
   餌付けされているらしく?、白い砂と同じような色の魚が一杯
IMGP5181.JPG

  >外洋はそこそこ深く、波が強い。楽しいけどちょっと怖い。おススメ。
IMGP5153.JPG

IMGP5161.JPG

・ゴルフカート島内一周
 -ゴルフカートレンタル代:180ペソ/1時間(500ペソ/1日)
 -1時間で島内一周はギリギリの時間
 -カリブ海見ながらのドライブは最高!!
IMGP0607.JPG

P6139793.JPG

P6139805.JPG

IMGP0612.JPG

・ビーチでのんびり
 -無料!
 -特に夕陽をぼんやり眺めるには最高です。
P6119780.JPG

IMGP0552.JPG

IMGP5197.JPG

南端にガラフォンパークっていうテーマパークがあって、
そこのジップラインがめっちゃ魅力的だったのですが、次回にお預けとなりました。
P6139782.JPG

以上!

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*