ヨルダン:アンマン】意外と美味しかったおすすめグルメ!

アンマン滞在中は毎日がっつりと観光に時間を費やすのではなく、
街歩きを楽しみながらも、(今更ながら)「半沢直樹」や「ロンバケ」を観たりして
わりとのんびり過ごしていました。

宿にはきちんとしたキッチンがなかったため食事は外食をしていましたが、
意外にもアンマンには美味しいものが食べられる場所が豊富でした。

どれもこれもおすすめなので、これからアンマンに行く方は是非お試しあれ~!
ということでご紹介いたします。

本格!シーフードレストラン「SARA FRESH SEA FOOD RESTAURANT」

ここは本当におすすめNo.1です!

見つけたのは本当に偶然。
宿付近の路地裏で食堂探しをしていたところ、何やら賑わいのある一角を見つけました。
見たところ大量のテイクアウトを作っている模様。
ここはきっと美味しいに違いない!と思っていたところ、
レストラン前に座っていたおじさん(オーナー?)が案内してくれたので入ってみました。

お店の入口はここ。
向かい側にはキッチンがあります。
IMGP2157.JPG

レストランは2階。
1階には鮮魚ケースがあり、たくさんの魚が並べられていました。
衛生面もそんなに悪くなさそうです。
IMGP2156.JPG

なかなか雰囲気の良い店内。
少ないですがテラス席もあり、かなりの倍率で人気でした。
IMGP2153.JPG

サービスのホンモス(ヒヨコ豆のペースト)。
温かいホブス(アラブ風パン)も出てきました。
IMGP2136.JPG

アラビックサラダ(1.25JD≒175円)とミックスシーフードグリルの付け合せのポテト。
IMGP2148.JPG
サラダは変なクセもなく、シンプルな味付けで旅中の野菜不足を補ってくれました。
ポテトはハーブ&ガーリック風味でビールにばっちり合いそう。
しかし残念ながらこのレストランにはアルコールはありませんでした。
※ヨルダンの一部のレストランにはアルコールが置いてあります。

シーフードリゾット(6.5JD≒910円)。
IMGP2149.JPG
このリゾット、本当に美味しい!
濃厚な魚貝のエキスとチーズ風味が最高です!
結構ボリュームもあるので、何人かでシェアした方がいいかと。
頼んで大正解でした。
行ったら絶対食べて欲しいですw。

ミックスシーフードグリル(7.5JD≒1,050円)。
※こちらはグリルかフライをチョイス出来ます。
IMGP2151.JPG
白身のお魚と海老でした。
スパイスがふんだんにかかっていますが、こちらも変なクセはなく食べやすかったです。

量はあまり期待していなかったので、2人で食べきるには少し多かったかもしれません。
しかし、どれもこれも美味しかったです!
入店した時はほとんど空席でしたが、その後あっという間に満席になりました。
地元民も通う名店なのかもしれません。

まさかアンマンでこんなに美味しいシーフード料理が食べられるとは!
お値段もそんなに高くないのでおすすめです。

<場所>
Prince Mohammed Stに面していて、CLIFF HOTEL(HOSTEL)の隣の建物。
HASHIM RESTAURANTの向かい側です。
脇にある路地裏からレストランに入れます。

中東っぽい?羊肉ピザ

日本ではなかなかお目にかかることのないピザです。
ヨルダンの羊はあまりクセがないので食べやすいのです。

こちらがお店。
地元民で賑わっており、観光客は全くいませんでした。
向かい側のお店で注文・支払を済ませてから、こちらで受け取ります。
IMGP2177.JPG

常にたくさん焼き上げていました。
IMGP2179.JPG

出来上がり!熱々!
1枚1JD(≒140円)です。
IMGP2187.JPG

中身はこんな感じ。
IMGP2188.JPG

素朴な生地とクセのない羊の挽肉。
テイクアウトにしたのですが、きゅうりのピクルスも付けてくれました。

熱々だったので美味しくて一気に食べてしまいましたが、冷めたらどうなるのかは分かりません。
しかし、これで1JDはかなりの節約ご飯だと思います!
個人的には日本で食べるクセありのラムが大好きなのですが、このピザは美味しかったです。

<場所>
King Faisal通りにあるアラブ銀行の向かい側(反対側の道路)付近の路地裏。
お客さんで賑わっているので分かりやすいと思います。

気になっていたマンサフとは?「エルサレムレストラン」

マンサフとは羊肉のヨーグルトソース煮込みのことで、
ヨルダンでは国民食とも言われるほど一般的な料理です。
一部の地域では魚肉や鶏肉でも作られているみたいです。

ごちゃごちゃした通りにあるお店。
観光客はいませんでした。
IMGP2165.JPG

訳が分からないメニューがずらり。
IMGP2163.JPG

手前が羊肉3.5JD(≒490円)、奥が鶏肉2.6JD(≒364円)。
こちらのお店には2種類のマンサフがありました。
ピクルスとホブスはサービスです。
IMGP2164.JPG

どちらのお肉も骨からホロリと崩れる柔らかさ!
そのまんまヨーグルトの味がする訳ではなくとても食べやすかったです。
バターライスとの相性も良かったです。
ただ、セットのスープはチーズ風味で濃過ぎて2人とも飲みきれませんでした。

<場所>
アル・フセインモスクを正面に見て、右側(ローマ劇場とは反対方面)へ道なりに進みます。
4or5本目のごちゃごちゃした通りを左折します。
通りの真ん中位にお店があります。

バックパッカーに人気の食堂

バックパッカーによく知られた食堂です。

IMGP1638.JPG

お手頃価格で満腹になれるセットメニューがあります。
グリルチキン、バターライス、スープ(茄子orオクラor豆)のセットで2.5JD(≒350円)です。

IMGP1637.JPG

IMGP1676.JPG

チキンは柔らかく、スープの味付けも日本人好みなので美味しかったです。
日本人の他に韓国人も多い様で、店内には日本語と韓国語のメニューが貼られていました。
スタッフもフレンドリーだし、安かったので2回行ってしまいました。

<場所>
King Faisal Stにあるアラブ銀行横の路地裏を奥に行ったところにあります。
※アラブ銀行を正面に見て左側の路地裏

ロイヤル・ヨルダン航空機内誌にも掲載されていた大人気スイーツショップ「Habibah」

ここのスイーツショップもバックパッカーによく知られたお店です。
「KUNAFA(カナーフェ)」というアラブ風ホットスイーツが人気です。
つい最近、ヨルダンからUAEへ向かうフライトの機内誌にも掲載されていました。

アンマンには本店と支店があるようですが、わたし達は支店へ行ってみました。
IMGP2183.JPG

昼間に行った時です。
入口前のブースで注文・支払を済ませ、レシートを受け取ります。
ハーフサイズ1つ0.6JD(≒84円)でした。
IMGP2175.JPG

レシートを店内カウンターで渡し、商品を受け取ります。
イートインスペースは見当たらなかったのでテイクアウトのみのようです。

店員さんが素早くカットして、お皿に盛りつけていきます。
10枚位まとめて買う人もちらほらいました。
IMGP2184.JPG

2種類から選ばせてくれたので、どちらも食べてみました。

IMGP2173.JPG

IMGP2186.JPG

サクサクの生地とトロトロに溶けたチーズ、たっぷりかけられたシロップの相性が抜群でした!
そしてほんのり温かい。
初めて食べましたがとても美味しかったです!
甘ったるそうに見えるシロップもハーフサイズ程度なら丁度良いと思います。

お店の周辺では美味しそう頬張っている人がたくさん。
もちろん男性もいました。
イスラム圏の人はアルコールを飲まない分、甘い物が好きと聞いていましたが
本当にそうだと思いました。

夜に行った時もまだ行列でした。
IMGP2182.JPG

<場所>
King Faisal Stにあるアラブ銀行横の路地裏を奥に行ったところにあります。
※アラブ銀行を正面に見て右側の路地裏
HP⇒http://habibahsweets.com/en/

街歩きに疲れたら手作りフルーツジュースを!

街中にちょこちょことお店があります。
1杯1JD(≒140円)です。

基本、砂糖が入っていますが、砂糖なしにすることも出来ます。
フルーツはお好みで、オレンジのみ、ミックスなどカスタム出来るようです!
テイクアウトにする時には紙コップに入れてくれます。

こちらはミックスジュース。
IMGP1675.JPG

<場所>
アル・フセイン・モスク付近に何軒かありました。

最初にアンマンのダウンタウンに来た時には、
食べられるお店が少ないなぁと嘆いていたのですが、
探してみるとこんなにも美味しいお店がたくさんありました!

アンマン自体、観光する場所が限られているので、
せっかくなら美味しい食事だけでも楽しんでみてはいかがでしょう!

5 Comments

  1. >nobu
    ありがとう!!

    ヨルダンの飯は、ホント意外とうまかった!

    あと10時間後には飛行機の上だ!その12時間後には日本!!
    ラスト、数時間楽しんできます。

  2. 食べ方間違ってます!マンサフについてるのはスープじゃなくて、ごはんと羊にかけて食べるんですよ。

    • >匿名さん、
      書き方が悪かったですね。すみません。
      かけて食べたのですが、食べきれませんでした。
      そもそも食べきれるものじゃないのかもしれないですね。

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*