広島】宮島・原爆ドームだけじゃない!ピースサイクリングツアーのススメ

34.広島

広島市といえば、どこに行きますか?

原爆ドーム・平和記念公園、宮島・厳島神社に行って、
牡蠣とお好み焼きを食べて、広島満喫!カープ観戦くっつけたら完璧!

そんな方も多いんじゃないでしょうか

自分自身も大体そうでした

でも縁があって、sokoiko!さんのピースサイクリングツアーに参加して、
「あぁ、広島来たらこれは、MUSTだな」と感じました

「一つの映画のように、ショーを楽しんでもらうような時間を届ける」とガイドの方も言ってましたが、
3時間があっという間で、「へぇなるほど!」「そうなんだ!」と思いながら、
同時に、感傷に浸っているうちにあっという間にツアーは終わりを迎えました

平和記念公園資料館だけでは見えなかった、
広島の歴史・今、広島市民の想いを、感じることができます

一部ご紹介しますが、ぜひ、現地でご体感ください!

出発は平和記念公園から

広島が来た多くの人が訪れるのは、平和記念公園

そんな平和記念公園のリフォームされたレストハウスがツアーの出発地点です

ルートの説明を受けて、はっとします

平和記念公園資料館と原爆ドームを見て、原爆の状況を知った気になってたけど、
思えば、街中にどのような影響があったか、街中で感じたことはないな、、、と

このツアーを通じては、爆心地、そこから500m、1000m、1500m・・・
それぞれの距離での、当時と今の状況を、知ることができます

さぁ、いざ自転車に乗ってスタート!

・・・の前に、30分ほど、歩きながら平和記念公園の中でイントロがあります

ガイドしていただいた石飛さん、淡々と説明されるのではなく、
想いを込めて躍動的にガイドされるのも印象的なスタートでした

平和記念公園の外で見えた、平和都市広島

いざ、自転車で出発。

ガイドの方がいると、街を見る解像度が変わってきます

何気ない歩道の、何気ないデザインも、
「実は昔の家があった区画を意味している」なんて話を聞くと、
80年前に想いを馳せるきっかけになります

何気ない橋も、
「広島平和記念公園を作った丹下健三さんの繋がりで、イサムノグチさんが作ることになり、
二つの橋は、こういうコンセプトで創られていて・・・」なんて話を聞くと、
単に平和記念公園・原爆ドームだけじゃない広島に根付いた平和への想いを感じます

広島は市内に川が本当に多いわけですが、残されている河岸の構造をベースに、
今と昔の違いや原爆時のストーリーを聞くのは、とても興味深いものがありました

これまで全然知らなかったのですが、市内にはあちこちにある被爆遺構にも訪問しました
単に自分で訪れるだけでなく、
そこにあるストーリーをガイドさんから聞くことの価値をものすごく感じたのはこの辺りです

この写真は、元広島大学なのですが、
「だからこのように木がキャンパスのように植えられています」と聞けば「なるほど!」となりますし、
「なんぜこんな多種多様な木が植えられているかわかりますか?」という問いの、答えを聞くと、
この景色の裏にあるいろんな人の想いになんだか触れるような気持ちになれました。
(なんで多様な木があるかは、ツアーに参加して聞いてみてください)

だいぶ自転車で走ってきたのに、そこでもこんなに原爆の影響があったのか。
実際に移動しながら見ることで、その凄惨さを、資料館とは違った形で体感することになります

この橋の袂に掲示されてた写真とそのストーリーを聞いたら、光景が浮かぶようで、悲しくて、
その写真はなんだか撮ることができませんでした

いやはや、でもこのツアーがすごいなと思ったのは、
原爆大変だったんだよ、という悲惨さを伝えるだけではなく、
そこからの復興の道のり、広島のアイデンティティを感じさせる明るさ・強さも同時に伝わってきました

何気ないこんな風景
きっと一人で散歩していたら見逃していました

これ見て、何を感じます?


宮島や原爆ドームは、もちろん見ておく場所だと思うのですが、
もう一歩広島に根付く空気感に触れたいと思ったら、ぜひ参加してみてください

sokoiko!さんのピースサイクリングツアー

1観光事業者としても、物凄いべん今日になりましたし、
1観光客としても、ここ数年で、(自社ツアーを除いて。笑)一番のオススメツアーです!

sokoiko! - Cycling tour
Sokoiko! prioritize the originality for each guest’s route. We use comfortable e- bicycle and our route is flexible for guest’s interests and local special reco...

コメント