トルコ⇒ギリシャ・アテネへの船での行き方と注意点

トルコからギリシャへは、
飛行機やイスタンブルからのバスなどの移動手段がありますが、
今回移動した船についてまとめておきます。

トルコからギリシャへの船での移動方法

僕たちは、マルマリス⇒ロードス島(⇒サントリーニ島)⇒アテネと移動しました。

より大きな地図で せかいつながる行程 を表示

「(⇒サントリーニ島)」となっている理由は前回投稿の件ですが、
後でも説明します。

マルマリス⇒ロードス島:37ユーロのところ値引してもらって35ユーロ
ロードス島⇒サントリーニ島:36.5ユーロ
サントリーニ島⇒アテネ:34ユーロ

トルコとギリシャはイマイチ仲が良くないようで本島⇒本島と言う船がありません。
トルコのギリギリまでギリシャの島があるので、
一度そこに渡ってからアテネを目指すということになります。

トルコの旅行代理店に貼ってあった地図を見るにルートは色々あるようです。
Turkey_Greece_ferry

(赤字:トルコ 青字:ギリシャ)
アブバリクレスボス島アテネ
チェシュメヒオス島ミコノス島アテネ
クサダシサモス島ミコノス島アテネ
ボドゥルムコス島⇒サントリーニ島アテネ
マルマリスロドス島サントリーニ島アテネ
フェティエロドス島サントリーニ島アテネ

ちなみに、ロードス島に行ったら、ボドゥルムからの船も来ていたりしたので、
その他にもルートはあるんだと思います。

但し、

注意点1.毎日運航していない可能性がある

全ての路線が毎日運航しているわけではありません。
特にオフシーズンになるとだいぶ路線は減るようです。

僕たちのルートだと10月の時点で、
・マルマリス⇒ロードス島:1日2便(朝、夕)
・ロードス島⇒サントリーニ島:月水金(16:00発)の週3便
・サントリーニ島⇒アテネ:1日2-3便?
でした。

7-8月が繁忙期の様ですが、
逆に、11月を過ぎると休業するレストランやホテルも多いようで、
多分、便数もそれに応じて減るものと思います。

注意点2.悪天候だと寄港しない可能性がある

また運行していたとしても、
シーズンを外れると海があれることが増えるようで、
時には寄港しない可能性もあります。

「(⇒サントリーニ島)」と最初に書いたのは、
ロドス島からサントリーニ島行の船に乗ったものの、
到着時刻の25時ごろになると外は雷と雨。

「bad weather condition」云々の放送が流れたまま放置していたら、
いつまでたってもサントリーニに着かず、
さすがにおかしいと思い、受付に確認しに行ったら、
「サントリーニには停まらず、アテネに向かってるよ。」と言われてしまいました。

確認しに行ったのが31時(翌朝7時)という、
さすがにいつまで放置してるんだよって感じだったのですが^^;
呑気な僕たちはすっかり席で爆睡していました。

そんなわけで、
意図せずしてサントリーニを飛ばしてアテネに着いてしまった僕たち。

結局、
アテネから折り返しでサントリーニ島に向かう羽目になりました。

折り返しの船は無料ですし、キャビン(客室)も与えてくれましたが、
丸一日無駄になったし、せっかく予約してたホテルもゆっくり滞在できませんでした。
(1日ずらしてもらおうとHotels.comに連絡しようとしたものの1時間かけても繋がらず…)

奮発して少し良い宿にしたのに、無念。。。

少しですけどね。。。

エーゲ海を船で行くって素敵だし、
船から見る夕陽も確かに綺麗ですけど、スケジュールが詰まっている場合は、
激しく飛行機をお勧めします。

折り返しでまた止まらなかったらどうしよう、とひやひやモノでした。

ま、こんなんも長期旅行ならではの楽しいスパイスの一つなのかもしれないですけどね。

以上

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*