インド:カジュラホ】世界遺産なエロス寺院

もう先月末のことになりますが、
嫁がカジュラホ-バラナシ間の夜行列車についてアップしたところで、
カジュラホについてアルバムを更新しました〜!

▼アルバムはこちらから

アジャンタやエローラの石窟院には行かなかったのですが、
カジュラホは複数の知人が勧めていたので、足を伸ばしてみました!!

ぱっと見、普通の寺院のようですが、
IMGP6069.JPG

IMGP6072.JPG

IMGP0404.JPG

よくよく見ると、繊細な彫刻がなされていて、、、
IMGP0394.JPG

IMGP6081.JPG

よくよくよく見ると、欲望の塊を絵に描いたような彫刻でした
IMGP0378.JPG

IMGP0390.JPG

IMGP0408.JPG

で、これが、なんと世界遺産だったりします

なんで、こんな彫刻になったのか

一説によると、
バラモンの若者のための性の手引書の役割を果たしているだとか、
雨の神インドラをなだめて寺を雷から守るためのものだとか、言われてます

後者の説は、
インドラは色好みの老神で、この彫刻を覗き見したくてたまらないから、
自分のお楽しみの種である彫刻が傷付くのは嫌だろう、と言うことらしい

「説」とは言え、勝手にそんな仮説をたてられ、
雨の神様も可哀想だなぁと思いながら、見ていました

どこで何言われるかわからないですよね。。。

もっと説得力あるのは、
「基本的本能を満足させることが、世人の邪心を超越し、悟りを開く一つの手段だ」
という教えを説いているタントラ派の象徴だ、とする説らしいです

この宗派では、
「肉体的快楽」と「精神的修養」は解脱を求める上で、
同じくらい有効な手段と考えられていたようです

うん、こっちの方が、
神様をエロじじい呼ばわりするよりは、説得力ある気がします

そんな世界遺産のエロス寺院でした!!

<アクセス>
(到着時:アグラより)
・アグラカントメント駅(23:20発)から夜行列車でカジュラホ駅(翌6:40頃着)へ
・カジュラホの駅についたらオートリクシャでホテル迄
-事前に値段の相場を聞いていたため、すんなり交渉成立
-ぼってきそうな奴には「インド人の友達がxxルピーって言ってた」と言うと効果的!?

(出発時:バラナシへ)
・サトナ駅まで、車で3時間弱(怪しい旅行代理店にそう組まれてしまいました。。。)
・サトナから夜行列車でバラナシへ

<滞在期間>
1泊2日(早朝着、午後発)
-小さな街なので、寺院だけみるのであれば、1泊2日で十分
-周りの国立公園に足を伸ばすのであれば、もう1、2泊してもいいかも

<カジュラホでの移動方法>
徒歩
-オートリクシャ、タクシー、自転車等ありますが、別に徒歩で事足りました

<ジャンプ>
IMGP6093.JPG

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*