キューバ:サンタ・クララ】『常に勝利を目指して』

サンタ・クララ。

「観光は2時間で十分」とか「泊まる必要のない街」とか、
旅人の話を聞いていました。

でも、他人は他人、自分は自分って思って最初は1泊するつもりでいました。

が、バラコアで予定外の一泊延泊をして色々悩んだ結果、
サンタ・クララには結局約3時間程の滞在となってしまいました。

見たのは地球の歩き方でも取り上げられてる2ヶ所だけです。

1つは、ゲバラ霊廟。
あのゲバラのお墓です。

時間のなかった僕たちですが、
バスターミナル到着直前の車窓からゲバラの後ろ姿が見えたので、
バスターミナルから歩いて見に行きました。

とっても綺麗な青空の中、15分ほど歩くとゲバラの横顔
P6280272.JPG

正面から見るとこの大きさです。像が約6m。
P6280274.JPG

台座には、「Hasta la victoria siempre」と書かれてます。
「常に勝利を目指して」と言う意味らしい。カッコいい。
P6280290.JPG

これは霊廟前の広場
P6280296.JPG

改めて横から見ると、このゲバラ像は前のめり
P6280302.JPG

博物館も無料で入ることが出来ました。(開館は9:15-)
但し、カメラは持ち込み禁止。荷物も預けなくてはなりませんでした。
ゲバラの幼少期、既に気のめっちゃ強そうな顔してました。

もう1つが、トレンブリンダード。
キューバ革命では、ここで起きた装甲車襲撃がきっかけとなり、
バティスタは亡命に至るというとても重要な事件が起きた場所です。

ゲバラ霊廟から、歩いていけるかと思ったものの、
1km位歩いた時に道を聞くと、「ここから3kmくらい」と言われ歩くのを断念。

バラデロに向かうタクシーに寄ってもらって、
少しだけ眺めてきました。
P6280312.JPG

チェ28歳の革命の映画中でも見た重要な事件の場所。

もっと迫力あるかと思ったのだけど、
この広場の周りがあまりに今の生活感が出過ぎているせいか、
僕たちが次の目的地に向かって急ぎ過ぎていたせいか、
あまり響いてくるものはありませんでした。残念。

でも、街もそこそこ大きいし、
行列が出来てたアイス屋さんもあったりして、一泊しても楽しそうな街でした。

次は、あの行列できてたアイス屋さんにくらい行ってみたいな~

参考.サンタ・クララのアクセス(2013年6月時点)

サンチアゴ・デ・クーバ20:00頃発(バラデロ行)→サンタ・クララ翌日7:30着
 -ビアスール社のバス
 -33CUC/人

サンタ・クララ→バラデロ
 -バスの時間は合わなかったため、タクシーと交渉
 -15CUC/人
 -3時間程

▼サンタ・クララからの料金表
P6280268.JPG

▼サンタ・クララ発着の時刻表
P6280269.JPG

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*