ペルー:ナスカ】地上絵堪能、そしてクスコへ!

どもども。
我々は本日、クスコに到着いたしました。

ナスカ⇒クスコ間のバス。
地球の歩き方に「悪路のため出来る限り避けた方がいい」と書かれていたりします。

このバスについては、最後に触れるとして
今回はナスカ2日目の観光についてシェアしたいと思います。

期待値は低かった遊覧飛行

ナスカに行くかも悩んでた僕たち。

前回も「ナスカにあまり期待してなかった」と書きましたが、
その一つの理由は、旅人達の評判があんま良くないらしいということ。
-①線がたくさんありすぎて、観てもよく分からない
-②セスナの料金が高い。高くなりつつある。
-③セスナに乗ると、すぐ酔って地上絵どころではない

①は行った人のブログを見るとそんなことはなさそう。
②は価値観の問題だし、③は個人の問題。

「ナスカの地上絵」自体の評判はあまりありませんでした。

あそこまで有名な「ナスカの地上絵」
一見の価値はあるはずだ、と、結局ナスカに行こうと決めました。

んで、せっかくナスカに来たからには、
セスナ乗るっきゃないっしょと言うことで、行ってきました遊覧飛行!

時間は短いし、値段は高い割に、
酔ってそれどころじゃないかもしれないし、と、不安を抱えながら。

「(有名な)『猿』と『ハチドリ』が観れればいいね」と欲は浅く。

ちなみに、「ナスカ」エリアを見るのは30分、
「ナスカ」+「パルパ」エリアを見るのは60分かかるようですが、
僕たちは、飛行機酔いと予算の関係で、30分の遊覧飛行に旅経ちました。

肉眼ではっきり見えた地上絵に大満足

「遊覧飛行は空気がきれいな午前中がいい」と言うことで、
多くの観光客は午前中に遊覧飛行に旅立っていきます。

ご多分に漏れず僕たちも、午前9時に宿を出て飛行場に向かいました。

飛行場で、空港使用料25ソルを払い、待つこと30分。
いざ、セスナへ。
IMGP2265.JPG

2人×3列という小さいセスナ。
おかげで全員が窓に面していて地上絵を眺めることが出来ます。
(2人は操縦士+副操縦士兼ガイド。4人が観光客)
IMGP2267.JPG

そして、遊覧飛行へ出発。
両側の人が見れるよう右へ、左へ旋回しながら、地上絵を巡ります。
ちなみに機中はヘッドホンを通じて、ガイドが案内してくれます。

▼クジラ:63m
IMGP2280 - コピー.JPG

▼宇宙人:32m
IMGP3806 - コピー.JPG

▼サル:110m
IMGP2294 - コピー.JPG

▼ハチドリ:96m
IMGP3815 - コピー.JPG

▼コンドル:136m
IMGP2308 - コピー.JPG

▼クモ:46m
IMGP3819 - コピー.JPG

▼オウム:200m
IMGP2314 - コピー.JPG

▼手と木:45メートル
IMGP2312 - コピー.JPG

確かに地上絵とは別に多くの線(ナスカライン)がありますが、
地上絵は肉眼ではっきり見ることが出来ます。

ガイドの案内も英語+日本語交じりですごい分かりやすいです。
事前に、こんなマップも貰えるので、見落とすことはあまりないと思います。
IMGP2258.JPG

※写真の腕が足りず、写真ではわかりにくい部分があったため、
写真は色合いを一部加工してますが、実物はよりはっきり確認できます。

しかし、

テンションあげてけば飛行機酔いなんて関係ない、って強気でいましたが、
お互いに途中から若干の飛行機酔い。
気休めでも薬を事前に飲んでおけばよかった。

30分くらいの遊覧飛行が、楽しめる限度かもしれません。
でも、セスナから降りて2人で「来てよかったね!」と大興奮。

はっきり見えるし、
個人的には特にハチドリをこの目で見れて良かったな、と!

昨日の博物館見学もあって、なんだかさらに感動深まった遊覧飛行でした。

確かに飛行機酔いはなんですが、
人的、自然的に破壊の進んでるナスカの地上絵を見れるのは今のうち。

いつみるの?   今でしょ!!ってな感じで、
一度は見ておくことをお勧めします~。

ちなみに、ナスカ⇒クスコ間のバスは…

そして、本日、ナスカからクスコまで移動してきました。

「悪路だから避けた方がいい」というバス。
確かにグーグルで調べると、ぐにゃぐにゃで酔うらしいというバス。

かといって、リマに戻って経由していくのも、アレキパを経由するのもとっても遠回り…。
なので、ナスカ⇒クスコ直通のバスで行くことにしました。

nazca_cusco

そして選んだバスは、100ソルで行けるCIAL社!
高級だと言われる、CRUZ DEL SURとOLTURSAのバスは、
確かにバスも座席も素晴らしいらしいのですが、高かったのでパス。
(CRUZ DEL SURは185ソル、OLTURSAは150ソル)

結果…

爆睡してたら…

ふっつうに何事もなく、クスコに到着しました。

舗装されてたし、運転も荒くなかったし、
確かにトイレに行ったときは揺れて少し大変だったけど、
そんな吐くほどでもなければ、気持ち悪くなることもなく無事到着。

21時発のバスが、22時出発になり、クスコ着は翌日の15時くらい。

時間は予定よりかかったし、付いてると言われた夕食が出てこなかったけど、
構えてた割にあっけなく元気に着けて肩透かしにあったような気分^^

高山病に備えて、
ナスカの薬局でソローチェ(←高山病?)の薬をゲットし服用してたので、
今のとこ高山病も平気です。

1階のカマ席(フルフラット)だったのが良かったのか。
爆睡してたのが正解だったのか。
景色も良かったし、ナスカ⇒クスコ移動も悪くないです。

クスコも楽しそうな街中なので、
明日から散策してこようと思います~

+++++++
【2日目ツアー情報】
・セスナ遊覧飛行は小型セスナ30分で100ドル(260ソル)でした
-最初の言い値は、セスナ100ドル、小型セスナ120ドル、60分のセスナは200ドル
-普通のセスナだと、1人は窓際の席に座れない可能背有のため、小型セスナを選択
-交渉の結果120ドル⇒100ドルに
・空港行ったら安く乗ることが出来るという話もありますが、
人数集まらなかったら待たされたり、乗れなかったりというリスクもあるため、
僕たちは宿にて手配していきました
・もし、個別に空港行くなら片道10ソル弱がタクシーの相場とのこと

2 Comments

  1. こんにちは!私は今南米旅行をしており、こちらの記事を大変だった参考にさせて頂いております。
    質問なのですが、Cusco行きのcial社はどちらにありますでしょうか?グーグルマップで調べても検索されず困っています。宜しくお願い致します。

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*