スペイン:バルセロナ】グエル公園~全く売れなかったガウディ建築

1日1ガウディ。3日目。

慌ただしく動かないって素敵です。

僕たちのホステルはガウディ見るにはとってもいい立地です。
カサ・ミラ、カサ・バトリョは500m以内、
サグラダ・ファミリアは2km程度、そしてグエル公園は3km程度の距離。

どこにでも歩いて行ける!

そして、この日は、グエル公園まで歩いて行ってきました!

歩き出して20分頃、
ふとここらへんにもう一個ガウディなかったっけと思い出し、
地球の歩き方を開いてみてビンゴ!

すぐ、交差点を左折すれば、そこにはカサ・ビセンスがありました!
P8021772.JPG

IMGP3639.JPG

この建物、ガウディが初期に手がけた建築物です。
wikipediaによると、
2007年に2,700万ユーロで売りに出されたが、まだ売れていないとのこと。

世界遺産を売買しちゃっていいものなの!?
なんて素朴な疑問が浮かびながらも、中には入れないので外から観光。
P8021773.JPG

ここはさくっと、グエル公園に向かいました。

グエル公園には、すっごい多くの人。
P8021811.JPG

人。。。
P8021804.JPG

有名なタイル張りのトカゲの周りには人が殺到してました。
重なり合って記念撮影をする人々。。。
P8021812.JPG

なんとなく、みんな周りから居なくならないかなとタイミングを見計らいましたが、
いやはやカサ・ミラの時と全く違って、全然無理でした。
P8021815.JPG

トカゲはそこそこに、上を目指しました。
IMGP3675.JPG

広場にあるタイル張りの椅子はとっても素敵でした。
P8021793.JPG

IMGP3656.JPG

P8021796.JPG

IMGP3667.JPG

広場には、お土産屋の売り子がいましたが、
仲間の合図で一斉に撤退、
IMGP3663.JPG

その後しばらくして再度店を並べてました。
IMGP3674.JPG

違法出店だったんですかね。
それを生業にする彼らも大変です。

そんな僕は、
傘にピアスを刺して売るって頭いいな~なんて感心してました。
P8021791.JPG

その後、公園内にあるガウディの家博物館を1人5.5ユーロにて観光。
P8021821.JPG

IMGP3714.JPG

IMGP3724.JPG

IMGP3742.JPG

続いて、暑い中、ぐるりと公園内を散策してみました。
IMGP3743.JPG

P8021831.JPG

IMGP3752.JPG

IMGP3753.JPG

P8021778.JPG

P8021784.JPG

こんな公園は当初、60軒の家を建てて田園都市にする計画でしたが、
結局、2軒しか売れず、最終的には市に寄付されて今に至ります。

しかもその2軒は、ガウディとその支援者だったグエルの2軒だけ…

歴史に「もし」がないのはわかっているのですが、
構想通り60軒の家が建ってたら、
それもまた素敵な住宅街だったんだろうな、見てみたかった。

当時は見向きもされなかったものが、歴史を越えて注目を浴びる。
世の中何がどうなるかわかりませんね。

10月からは、グエル公園も有料になるとの噂。
ガウディ巡りはお金がかかるので、無料の時に間に合って助かりました。

すっかり長居していたら時間が無くなってしまったので、
帰りはサブウェイ使って帰りました。

そう、この日の夜はカンプノウでサッカー観戦!!

1日2ガウディとなったこの日。
とっても濃い一日となりました。

次回は、カンプノウで見たサッカーについてアップします!!

2 Comments

  1. >nicKnaMeさん
    グエル公園も、ガウディの作品全てが良かった~!!
    ガウディ・コード・・・どこかにあった?

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*