ギリシャ:メテオラ】天空の修道院

アテネの次に僕たちは、メテオラを目指しました。

メテオラ。

南米のマチュピチュより驚きの光景がそこにはあったんです!!
IMGP1168.JPG

IMGP1175.JPG

IMGP1180.JPG

IMGP1194.JPG

IMGP1260.JPG

IMGP1299.JPG

IMGP1302.JPG

IMGP1335.JPG

IMGP1380.JPG

IMGP1319.JPG

なんじゃ、こりゃー!!
奇岩群の上に、修道院があるんです。

アテネより、
こっちの方が聖闘士星矢っぽいって思ってしまいました。

教皇がいたスターヒル(でしたっけ?)、絶対ここだ。
IMGP1298.JPG

高所恐怖症の僕には信じがたいこの光景。

建物が完成している今の光景も信じがたいですが、
どうやって建てたんだろうということの方が信じがたい。

崖すれすれの煉瓦とか、誰が積んだんだ。
IMGP1160.JPG

奇岩群と融合した修道院。
世界複合遺産になっています。

この世界遺産はスゴイ。
アテネの遺跡より、個人的にはコッチの方が好きでした。

少し残念だったのは、
今となってはキレイな舗装道路が山の上まで通じていること。
IMGP1184.JPG

確かに観光はしやすくなったのですが、
当時の様な孤立した修道院の方が雰囲気もあったんじゃないかなぁ

登るのがつらい分、そこから見た景色も素晴らしい。

高ければ高い壁の方が、登った時気持ちいい。

そして、俗世と切り離された空間だからこそ、感じることもあったのでは。

せめて、
トレッキングコースとしてあったこういう山道の方が味があったのに。
IMGP1204.JPG

なんだかそんなこと考えちゃいました。

+++++++
こんな高い所にある恐怖の修道院ですが、
一歩中に入ってしまえば高さなんて全く感じない素敵な空間。
IMGP1239.JPG

IMGP1253.JPG

IMGP1350.JPG

IMGP1353.JPG

派手さはありませんが、
俗世と隔離された空間がそこには広がっていました。

女性は、巻きスカートを借りて中に入ります。
IMGP1294.JPG

とはいえ、やっぱそこは高所の修道院。
各修道院に荷物や人の運搬用の滑車がありました。
IMGP1255.JPG

IMGP1275.JPG

乗るのは、怖そう。
IMGP1256.JPG

+++++++
修道院にいっぱいいた猫もかわいかったです。
IMGP1191.JPG

IMGP1345.JPG

IMGP1354.JPG

シスターがポケットから出したチーズを、
少しの間預かったその瞬間に引っかかれたのだけど^^;
IMGP1361.JPG

ちょっと交通の便は悪いけど、
ギリシャに来たらおススメの絶景です!

参考:アテネからカランバカ(メテオラ)への行き方

メテオラは、アテネの北西、列車で5時間程の場所に位置しています。
Meteora_map

アテネから列車で観光の拠点カランバカに行き、
そこから徒歩・タクシー・バスでメテオラに行くことが出来ます。

●アテネ⇒カランバカ
アテネからは国鉄ラリッサ駅からカランバカへの直通電車が1日2本あるようです。

僕たちは、ラリッサ駅8:26発の電車に乗りました。

チケットは当日窓口で購入。1人18.3ユーロ。
4時間半で着くということでしたが、列車が遅れたのか5時間半程かかりました。

列車の遅れもありえるので、個人で日帰りで行くことはあまりお勧めできません。

●カランバカ⇒メテオラ
僕たちは到着した日は歩いてメテオラに行きました。

メテオラには6つ修道院がありますが、
分岐した道には行かず、修道院にも入らずぐるっと一周するので3時間ほどかかりました。

カランバカから一番近い修道院までは歩いて1-1.5時間程見ておくといいと思います。

翌日は、カランバカ発9:00のバスに乗って、メテオラに向かいました。
途中の村にも寄って人を載せながら30分ほどで、上の修道院へ。

バスはシーズンによって本数が変わるようです。
僕たちの行った10月は9:00の次は13:00と言われました。1人1.6ユーロ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*